Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

券売機でLINE Payへの現金チャージが可能に ── 東急とLINE、異なる思惑

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
BUSINESS INSIDER JAPAN

東急とLINE Payは7月15日から、東急線各駅の券売機においてLINE Payへの現金チャージを開始した。 【全画像をみる】券売機でLINE Payへの現金チャージが可能に ── 東急とLINE、異なる思惑 1回あたりのチャージ金額は1000円~4万9000円で、手数料は無料。一部の駅を除く東急線の324台の券売機において、毎日5時30分から23時までの間に利用できる。 また、サービス開始記念のキャンペーンも実施。7月15日から7月30日までに東急の券売機から1度に3000円以上のチャージをしたユーザー先着2万名に対し、LINEポイント300ポイントを付与する。

LINE Payの“前払い派”ユーザーの利便性が向上

利用手順はシンプル。対応する券売機に表示される「QRコード バーコードを使う」のボタンをタップして表示されるQRコードを、LINEアプリのLINE Pay入金ボタンから「東急線券売機」を選び読み取るだけ。 チャージ結果は即時反映され、「LINEウォレット」アカウントから通知が届く。チャージされた残高は、実店舗およびネット上のLINE Pay加盟店、請求書払いでの利用やLINEでつながった友だちに送金することも可能だ。 今回のプロジェクトを担当したLINE Payの藤平賢人氏は開発の理由を「駅という生活に密着した場所でチャージできるようになる。沿線で生活するユーザーの利便性向上が狙い」と話している。 LINEは現在、自社とVisa、三井住友カードで共同開発したクレジットカード「Visa LINE Payカード」のプロモーションに力を入れており、利用額に応じたポイントバックも残高からの支払いでは対象外となっている。 そんな中でLINE Payが残高チャージの手段を増やす意図として、LINE Pay広報は「紐づけられる銀行口座を持っていない方、毎月の利用をセーブできるプリペイド(前払い)式を支持するユーザーも一定数いるため」と語る。 また、LINE Pay残高からの支払い時でも、同社が5月から始めている「LINEポイントクラブ」の特典クーポンが利用できるため、対象となる店は限定されるが「残高利用の方もおトクにご利用いただける」(LINE Pay広報)としている。

【関連記事】