Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「サンバのリズムを知ってるかい?」フットサルの試合でブラジル人が見せたダンシング・ヒールパスが“笑撃”レベル

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ABEMA TIMES

「サンバのリズムを知ってるかい?」  ココリコ・遠藤章造が生み出した渾身のお茶の間ギャグに説明は不要だろう。ホホホイ、ホホホイ、ホホホイ、ホイという謎の掛け声とキレ味鋭いダンスで、見る者を釘付けにしてしまう。そんな世代を超えて愛されるギャグを、まさかフットサルの試合会場、しかもピッチ内で見られるとは……。 【映像】もはや笑撃! ダンシング・ヒールパス  もちろん、選手がギャグを繰り出したわけではない。踊るようなプレーが、まさにそれだったのだ。名古屋オーシャンズで大活躍するブラジル人・ペピータ。彼は母国の国民音楽のリズムを感じさせるボールタッチと動きで相手を翻弄して、チームメートのゴールをお膳立てしてみせたのだ。

■対戦相手も笑うしかないくらいの衝撃レベル

「うまい! なんだこれは?」  元日本代表で試合を解説した北原亘氏も、そのプレーを説明する的確な表現が見つからない。その動きを、かろうじて言葉でトレースするならこうだ。  左サイドの深い位置からのパスを、ゴール正面のペナルティエリア付近で受けると、彼の脅威を感じた相手選手が、右後方と正面から同時にスライディングでボールを奪いにくる。するとペピータは左足でボールを引き、軸足の裏にボールを通して右へと方向転換。さらに、正面に立ちはだかる相手と対峙すると、今度はまるでダンスするかのようなステップワークでボールを扱い、回転しながら相手に体を寄せて注意を引きつけ、左足のヒールで右サイド前方のスペースへとパスを繰り出した。これを受けた安藤良平がゴール方向へシュート性のパスを出し、ファーで吉川智貴が合わせて、あっという間にゴールを奪ってしまった。 「ゴール前であれだけ囲まれていてあのプレーを選択できるのはすごいですね……」  北原氏も思わずそう口にする。本来、ペピータの持ち味は、ゴールへと突進していくようなアグレッシブさと強烈なシュートだ。しかし、今回の一連のプレーは、豪快さよりもむしろリズミカル&テクニカルな繊細なプレーだった。屈強な守備陣がそろう昨シーズン2位のバサジィ大分を相手に華麗なプレーを披露したのだ。  ペピータがプレーする名古屋は現在、開幕6連勝中でリーグ4連覇へ突き進んでいるが、日本代表選手が何人も所属し、“絶対王者”と呼ばれるこのチームにあって、ペピータの存在感は群を抜いている。それほどまでに強烈で、繊細で、魅力的なプレーは、すべてのフットボールファンの心をわしづかみする。対戦相手からしても、強度の高い試合中にあんな“ダンシング・ヒールパス”をされたらもはや笑うしかないだろう……。  ピッチでダンスを踊ってしまう“笑撃”のブラジル人・ペピータ。現在、2年連続MVPへと驀進中だ。 文・舞野隼大(SAL編集部) 写真/高橋学

【関連記事】