Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【巨人】直江大輔、阿部2軍監督直伝「ドゥクシ投法」で力投「マウンドで表現できた」

配信

スポーツ報知

◆プロ・アマ交流戦 巨人0―3かずさマジック(12日・G球場)  巨人の直江大輔投手(20)が12日、2軍の日本製鉄かずさマジック戦(G球場)に先発。阿部慎之助2軍監督(41)直伝「ドゥクシ投法」で力投した。速球は常時140キロ台後半を計測。力強い投球で収穫を得た。  「先日、阿部監督からアドバイスを頂いたことをマウンドで表現できたと思います。状態良く投げられてはいましたが、要所で粘りきれず悔しいです」  7回4安打3失点で敗れて反省を口にしたが、躍動感があった。きっかけは8日のG球場練習。ブルペンで阿部監督の熱血指導を受けて「ドゥクシ投法」を伝授され、声を出しながら158球を投げ込んだ。「ドゥクシ」は相手を倒す、という趣旨の言葉だといい、攻めの姿勢を注入された。  この日の相手は、阿部監督と09年WBCチームメートで元ロッテの渡辺俊介監督。5回無失点だったドラフト候補右腕・山本晃希投手と投手戦を演じた直江は「もっともっと結果を出してアピールしたいです」とさらに上を見据えた。

報知新聞社

【関連記事】