Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

浜辺美波“七桜”&横浜流星“椿”、蛍が舞う庭で思いを語り合うシーン写真公開<私たちはどうかしている>

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ザテレビジョン

9月9日(水)に第5話が放送となるドラマ「私たちはどうかしている」(毎週水曜夜10:00-11:00、日本テレビ系)。今回、W主演を務める浜辺美波と横浜流星のシーン写真が新たに公開された。 【写真を見る】常に真っすぐに思いを伝える椿(横浜流星)と、そんな椿に引かれていく七桜(浜辺美波) 同ドラマは、安藤なつみによる同名漫画をドラマ化した作品。老舗和菓子店・光月庵を舞台に、和菓子職人の七桜(浜辺)と跡取り息子・椿(横浜)の恋愛模様を描く。 互いに初恋の相手だった二人が、とある事件を境に“容疑者の娘”と“被害者の息子”という立場となってしまう。しかしその15年後、七桜は素性を隠して椿と結婚し、母の無実を証明しようと決意する。 ■ すべてを打ち明けようと覚悟を決めた七桜は… 9月2日に放送された第4話のラストで、椿の子を妊娠しているかもしれないと気付いた七桜は、椿への思いと正体を隠しているうしろめたさの間で揺れ動く。 しかし、椿の思いやりに触れ、すべてを打ち明けようと覚悟を決める七桜。「少し時間をとれないかな」と言う七桜を、椿は「行っておきたいところがある」と夜の庭に連れ出す。 すると、そこには満点の星のように輝く蛍が。今回公開されたシーン写真は、蛍が舞う中で思いを語り合う場面。この先、長く一緒にいるのだから、お互い少しずつわかっていけばいい、と言う椿に、七桜は正体を打ち明けようとする。 ■ 第5話あらすじ 七桜(浜辺美波)の母を演じていた夕子(須藤理彩)の小料理屋に、突然現れた今日子(観月ありさ)。卑劣な圧力をかける今日子の異常さを前に、夕子は七桜と関わることから手を引こうと決める。 一方、妊娠しているかもしれない七桜は、椿(横浜流星)への思いと、正体を隠している後ろめたさの間で揺れていた。 そんな中、結婚式の招待状を送るため椿から実家の住所を聞かれた七桜は、遠いので母は呼ばなくていいとうそを重ねる。 しかし、そこに現れた今日子が、夕子は近くで店をやっているのではと問い詰める。苦し紛れに言い逃れをする七桜だが、椿は夕子にあいさつに行くと言い出す。 店を訪れた椿と七桜から結婚式に招待された夕子は、自分が七桜の母親ではないことを告白しようとする。 椿が七桜のため、夕子に結婚式に出てほしいと頭を下げる姿を見て、全てを椿に打ち明け、うそのない関係になろうと覚悟を決める七桜。 翌日、椿は七桜を連れ夜の庭へ。蛍が舞う幻想的な風景を七桜に見せたかったという椿は、そこで父との思い出を語る。(ザテレビジョン)

【関連記事】