Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

『鬼滅の刃』×『歌舞伎』コラボ展示、11月に京都・南座で開催

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
オリコン

 松竹は18日、アニメ「鬼滅の刃」と歌舞伎のコラボ展示を、11月6日~23日まで京都・南座で開催することを発表した。公開されたコラボビジュアルには、坂田金時の衣裳を身にまとった主人公・竈門炭治郎の姿が描かれている。 【動画】『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』の予告編映像  本企画は、本年春に東京銀座・歌舞伎座ギャラリーにて予定していた「鬼滅の刃×歌舞伎座芝居茶屋」を、歌舞伎発祥の地・京都の四条河原のたもとに建ち、日本最古の歴史をもつ劇場「南座」にて一部内容を変更し装いも新たに開催するもの。  歌舞伎衣裳を身にまとった炭治郎たち5人のミニキャラに、今回は人気キャラクターの“柱”も加わる。また、松竹が歌舞伎の意匠を監修し、アニメ本編を制作したufotable による炭治郎たち5人の描き下ろしオリジナル歌舞伎衣裳イラストも初展示。  京都南座の舞台空間・ロビーなどを「歌舞伎ノ舘」として使用し、「鬼滅の刃」の世界観に通じる、歌舞伎の世界の鬼退治「源頼光と四天王」の演目をはじめ、柱たち各キャラクターそれぞれの個性に合わせた演目の衣裳展示や、オリジナルグッズの販売、入場者特典など、 充実したコラボ企画展となる。

【関連記事】