Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

9年ぶりに復活した米国の有人宇宙船 民間企業が開発、「新時代到来を告げる」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
47NEWS

 米宇宙企業スペースXは、5月30日午後3時22分(日本時間31日午前4時22分)、米航空宇宙局(NASA)の飛行士2人を乗せた新型宇宙船「クルードラゴン」を、米フロリダ州のケネディ宇宙センターからファルコン9ロケットで打ち上げた。約19時間後、国際宇宙ステーションに到着し、打ち上げは成功した。米国による有人宇宙船は2011年に退役したスペースシャトル以来となり、9年ぶりに復活した。民間企業による世界初の有人宇宙船でもあり、米メディアも「有人宇宙飛行の新時代到来を告げる」と報じるなど、宇宙開発が新たな局面に入ったといえる。地球への帰還まで成功すれば、日本人飛行士の野口聡一(のぐち・そういち)さんが8月にも搭乗する。(47NEWS編集部)  今回、クルードラゴンに搭乗したのはNASAのダグラス・ハーリーさん(53)とロバート・ベンケンさん(49)で、2人ともスペースシャトルで2回の飛行経験がある。地球上では新型コロナウイルスが流行する中での飛行で、国際宇宙ステーションにウイルスを持ち込まないようにするため、2人は打ち上げまでの約2週間を外部から隔離されて過ごしてきた。

 当初は5月27日に打ち上げる予定だったが、悪天候のため打ち上げ17分前で中止となり、延期されていた。  仕切り直しとなった今回。定刻の30日午後3時22分、発射台でファルコン9ロケットのエンジンが点火し、勢いよく白煙を上げた後、オレンジ色の炎を噴き出しながらフロリダの午後の空に向かって力強く上昇を始めた。   トランプ米大統領も現地入りして打ち上げの様子を視察した。打ち上げ成功後の演説で「世界最高の米国の宇宙飛行士とロケットを米国の地から再び打ち上げた」「これまでの指導者は米国人宇宙飛行士の打ち上げを外国に依存していたが、もう終わりだ」と誇示した。  2人が乗ったクルードラゴンは、人が乗る円すい状のカプセルと直径4メートルの円筒形の貨物室から構成され、全長は8・1メートル。これまでステーションに無人で物資を輸送してきたドラゴン宇宙船に、緊急帰還や生命維持、ステーションへの自動接続の機能を追加した。開発したスペースXは、電気自動車大手テスラを創業した起業家イーロン・マスク氏が率いる。

【関連記事】

最終更新:
47NEWS