Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ボッタス3位「スタート失敗がすべて。フェルスタッペンから順位を取り戻せなかった」メルセデス【F1第6戦決勝】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
オートスポーツweb

 2020年F1スペインGP決勝で、メルセデスのバルテリ・ボッタスは3位だった。  2番グリッドからソフトタイヤでスタート、23周目にミディアム、48周目にソフト、64周目にミディアムに交換し、66周のレースを走った。 2020年F1第6戦スペインGP 3番グリッドのマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)と2番グリッドのバルテリ・ボッタス(メルセデス)  1周目の1コーナーでマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)、ランス・ストロール(レーシングポイント)に抜かれて4番手に。5周目にストロールの前に出て3番手に上がるが、その後フェルスタッペンにチャレンジすることはできなかった。最終ラップにファステストラップ1分18秒183を記録した。 ■メルセデス-AMG・ペトロナスF1チーム バルテリ・ボッタス 決勝=3位  もちろん、とてもがっかりしている。3位になるためにここにいるのではないからね。スタートがすべてだった。あまりいいスタートができず、いくつかポジションを落としたんだ。何が起きたのか、詳しいことはこれから調べるけれど、結局のところ、後ろのマシンが僕のトウ(スリップストリーム)を得て、抜いていった。  このコースはレース中にオーバーテイクするのが本当に難しい。トラックポジションがすべてだ。つまり、ポジションを落とすと、その後とても苦労することになる。スタートが違っていたら、結果はまるで違うものになっていたと思う。  ファーストスティントでは、遅れを取り戻すために必死にプッシュしなければならなかった。その部分はうまくやれたと思う。セカンドスティントでは、ずっとマックスの後ろを走り続けたが、ここはかなりのタイム差がない限り、オーバーテイクするのは困難だ。  終盤はフリーピットストップが可能だったので、新品タイヤに交換してファステストラップを記録した。  全体的に、望んでいたようなレースにはならなかった。でも時にはこういうこともある。決勝のデータをすべて分析し、次のレースに役立てる。 [オートスポーツweb ]

【関連記事】