Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

映画のヒロインみたいなナイトウエア|自然体なお洒落に学ぶ、部屋着の纏い方。

配信

フィガロジャポン

あの頃恋した映画のヒロインが着ていた、彼女の趣味嗜好やライフスタイルにぴったりな、ユニークなナイトウエア。今回、コラムニスト山崎まどかさん監修のもと、映画のヒロイン3タイプ別に、お勧めのナイトウエアをピックアップ。あなたはどのヒロインがお好み? モードを愛するレディの、心地いい部屋着。 最終回は、自然体ながらも自分らしさが際立つアイテム選びが得意なふたりのヒロインにフィーチャー。

1.『海辺のポーリーヌ』のアマンダ・ラングレ

アマンダ・ラングレが演じるポーリーヌは、15歳の少女。年上のいとこのマリオンとノルマンディの別荘に避暑にやって来ている。 マリオンがビーチで昔の恋人のピエールに再会したことをきっかけに、ポーリーヌにも恋のチャンスがやってくる。ひと夏で彼女は少し複雑な男女の関係について知り、大人になっていく。毎年、夏になると見返したくなるヴァカンス映画の決定版で、ラングレやマリオン役のアリエル・ドンバールの着る水着やリゾートウエアの数々も楽しい。 映画の冒頭でポーリーヌが着ている白いナイティは、まるでキャミソールワンピース。暑い夜を涼しく過ごせそうだし、立ち枯れのアジサイをバックに庭で朝食を食べる時に着ていても、不自然ではない。バカンス先のリラックスしたムードによく似合う。この作品だけでなく、エリック・ロメールの映画に出てくるヒロインのナイトウエアはどれもさりげなくセンスがよくて、真似したくなるものばかり。

>>Recommended Nightwear

ブラウンのグラデーションで組み合わせたランジェリーの上からさっとロングシャツを羽織る、ヴァカンスならではのリラックスした提案。シャツドレス¥27,500/ベースレンジ(ベースレンジ ジャパン) ブラトップ¥5,060、ショーツ¥3,850/ともにオーバー ニース(ビオトープ) ヴィンテージのアイウエア¥5,940/スロウ 代官山店

赤いトリミングが立体的なアクセントになるオレンジのトップに、グリーンのハイウエストショーツを合わせたビタミンカラーコーデでエナジーチャージ。トップ¥14,850、ショーツ¥6,710/ともにベースレンジ(ベースレンジ ジャパン) サンダル¥29,700/リュニフォーム(リュニフォーム トウキョウ)

【関連記事】