Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ダブルヘッダー、完敗後2勝目 BCリーグ・石川ミリオンスターズ

配信

北國新聞社

 ルートインBCリーグ(30日)石川ミリオンスターズは金沢市民野球場で富山GRNサンダーバーズと5、6回戦のダブルヘッダーを行い、5回戦で0―10の完敗を喫した後、6回戦で3―1で逃げ切って2勝目を挙げた。

 開幕戦以来の登板となった先発のエース永水豪はソロ本塁打を許したが、5イニングを投げ、被安打5、与四球1、奪三振6の内容で今季初白星を挙げた。

 ダブルヘッダーは7イニング制(五回成立後、2時間15分を越えて新しいイニングに入らない)で行われた。

 第2試合の6回戦で石川は二回、先頭の今村春輝三塁内野安打、続く吉村悟央四球、金山開が送った後、川村大地が中前に2点適時打を放って先制した。

 この後、四回に本塁打で1点差に詰め寄られたが、五回1死から小林恵大が右翼フェンス直撃の三塁打を放ち、今村四球の後、吉村の遊ゴロが併殺崩れとなって貴重な3点目を奪った。

 5回戦では、先発の金子尚生、2番手の田神翔、3番手の新沼大輝が痛打を浴び、打線も好機にあと一本が出なかった。

 石川は1日午後1時から、金沢市民野球場で福井ワイルドラプターズと1回戦を交える。

北國新聞社