Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【関屋記念】「外枠有利」「前走重賞組が優勢」 当日まで覚えておきたいデータ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
SPAIA AI競馬

巻き返しに優位な枠順とは

1964年東京オリンピックの年まで新潟競馬場は関屋にあった。関屋記念はいわば新潟競馬場の歴史を今日に示す重賞競走である。 【小倉記念 2020年予想】サトノルークス、ランブリングアレー他 有力馬を徹底検証(京大RC編) 舞台は芝1600m。直線競馬に次ぐもうひとつの名物、正面直線659mが勝敗を決する。日本の競馬場で唯一いわゆる上がり3ハロン(最後の600m)がすべて直線部分になるため、とにかく高速決着になる。 リニューアル元年の01年は勝ち時計1分31秒8。マグナーテンが記録したこの時計に当時は騒然となった。関屋記念最速記録は12年ドナウブルーの1分31秒5。01年以降31秒台の決着は7回もあり、春の東京マイルGIで記録される時計とそん色ない記録が生まれるレースだ。 高速決着ゆえなのか、馬券的には上位人気が固い(なおデータは過去10年間のものを使用する)。 1人気【3-2-1-4】勝率30%、複勝率60%、4人気以内は【8-5-5-22】勝率20%、複勝率45%。10年で8勝だからまずは上位人気馬を入念に検討するところからはじめたい。 勝ち馬は7人気まで、2、3着は10人気以内で、11人気以下は【0-0-0-60】。大穴狙いは禁物、アタマ狙いは中穴まで、複勝圏内は10人気までというのがデータから読める。 高速決着の新潟マイル戦、ロスがすくない内枠がいいかと思いきや、このレースでは7枠【5-1-1-17】勝率20.8%、複勝率29.2%、8枠【3-3-1-18】勝率12%、複勝率28%と外枠が優勢である。 7、8枠は10年で8勝、フルゲート18頭では3頭ずつ入る7、8枠ではあるが、それを差し引いてもこれはちょっと見逃せないデータだ。 だからこそちょっと掘り下げてみた。7枠の馬の前走着順別成績をみると、前走1着【1-0-0-3】があるので、完ぺきとはいえないが、前走敗退組が7枠から好走している。 前走5着【2-0-0-1】、前走6~9着【1-0-1-4】、前走10着以下【1-0-0-7】、5勝中4勝が5着以下からの巻き返しだった。 じゃあ8枠はどうなのかと調べると、前走1着【1-2-0-1】と準パーフェクトだった。だが前走6~9着【2-0-1-8】7枠ほどではないが、やはり前走敗退組も好走可能。関屋記念の外枠はなにやら大きなアドバンテージがあるようだ。

【関連記事】