Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「首相が菅さんだから…」新内閣、歴代の中でも“高支持率”な理由 「田中角栄政権」に匹敵、女性にも人気

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
withnews

安倍首相の突然の辞任を受けて発足した菅義偉内閣。9月16、17日に朝日新聞が実施した世論調査で、65%という高支持率での船出となりました。発足直後の支持率としては、「今太閤」と呼ばれた田中角栄元首相や、第1次安倍政権に勝るとも劣らない水準です。調査から見えてくる新内閣への期待と課題を分析してみました。(朝日新聞記者・君島浩) 【画像】パンケーキを前に満面の笑み、菅義偉首相のちょっと珍しい笑顔集 会見でポケGO聞かれ思わず…

歴代内閣の中でも高水準

歴代内閣が発足してから最初の支持率を、半世紀前までさかのぼり、たどってみます。 調査方法が異なるので、単純な比較はできませんが、スタート時の支持率が6割を超える内閣は、多くありません。いわゆる55年体制下では、田中角栄内閣だけでした。 7割を超えるとなると、その55年体制を終わらせた細川護熙内閣、「自民党をぶっ壊す」と叫んだ小泉純一郎内閣、政権交代を実現させた鳩山由紀夫内閣の3回だけです。 菅内閣は支持率が65%と高水準な上に、不支持率が13%と非常に低く、期待の大きさがうかがえます。      ◇ 1972年 田中=支持(62%)/不支持(10%) 1974年 三木=支持(45%)/不支持(19%) 1977年 福田赳夫=支持(28%)/不支持(34%) 1978年 大平=支持(42%)/不支持(29%) 1980年 鈴木=支持(52%)/不支持(18%) 1982年 中曽根=支持(37%)/不支持(37%) 1987年 竹下=支持(48%)/不支持(22%) 1989年 宇野=支持(28%)/不支持(44%) 1989年 海部=支持(39%)/不支持(35%) 1991年 宮沢=支持(54%)/不支持(24%) 1993年 細川=支持(71%)/不支持(12%) 1994年 羽田=支持(47%)/不支持(32%) 1994年 村山=支持(35%)/不支持(43%) 1996年 橋本=支持(61%)/不支持(20%) 1998年 小渕=支持(32%)/不支持(47%) 2000年 森=支持(41%)/不支持(26%) 2001年 小泉=支持(78%)/不支持(8%) 2006年 安倍=支持(63%)/不支持(18%) 2007年 福田康夫=支持(53%)/不支持(27%) 2008年 麻生=支持(48%)/不支持(36%) 2009年 鳩山=支持(71%)/不支持(14%) 2010年 菅直人=支持(60%)/不支持(20%) 2011年 野田=支持(53%)/不支持(18%) 2012年 安倍=支持(59%)/不支持(24%) 2020年 菅義偉=支持(65%)/不支持(13%)

【関連記事】