Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

差別と怒りを燃料とするトランプ、それを拡散するフェイスブック

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
週プレNEWS

『週刊プレイボーイ』で「挑発的ニッポン革命計画」を連載中の国際ジャーナリスト、モーリー・ロバートソンがアメリカ社会の分断を加速させる大統領と巨大企業を批判する。 * * * アメリカ社会の分断が止まりません。黒人男性が警官に背後から銃撃を受けたことに端を発した大規模な抗議デモに対し、17歳の白人少年が銃を乱射して2名が死亡――ウィスコンシン州ケノーシャで起きたふたつの事件は、今の米社会を象徴しています。大統領選挙まで2ヵ月を切るなか、現職のトランプ大統領と民主党候補のジョー・バイデン前副大統領も相次いで現地を訪問しました。 この分断を最も"上流"からあおるトランプは、デモ隊に乱射した17歳の容疑者を「彼はやらなければ殺されていたかもしれない」と擁護し、全米各地でBlack Lives Matter(BLM)デモの一部が暴徒化する動きを「国内テロ」と断罪。 米社会に明確に存在する人種差別とそれに伴う不当な教育・経済格差という問題を直視するどころか、むしろBLMを心のどこかで苦々しく思う白人層の差別感情を"燃料"とし、薪(まき)をくべ続けています。「もし州兵が派遣されなかったら、ケノーシャは(デモ隊に)焼き尽くされていただろう」という言葉はまさに象徴的です。 一方、その"下流"では、有象無象(うぞうむぞう)の右派系サイトが世の中にあふれる情報をパッチワークして壮大な陰謀論を紡ぎ、拡散しています。まだ"免疫"のないピュアな若者たちも含め、乾いたスポンジのようにそれを信じて吸い込む人たちが、陰謀論と怒りの感情をまた拡散していく......というスパイラルです。 デモ隊に乱射した17歳の少年は、「第2次南北戦争(=アメリカにおける内戦)」を掲げる「ブーガルー運動」が関係する呼びかけに応えてケノーシャへ赴いた可能性が指摘されています。 ブーガルーは多くの右派系運動に比べ歴史が浅く、年齢層も若く、より急進的で"実行動"に重きを置く(もちろんデモ隊への発砲は犯人個人の行動ですが)。

【関連記事】