Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

滝沢カレンが語る“文章のコツ” 「溢れる想いは床や天井に散りばめないように」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
クランクイン!

 モデルだけでなく、唯一無二の存在感でバラエティでも大活躍の滝沢カレン。4月7日(火)には、独特なセンスのレシピを集めた書籍『カレンの台所』(サンクチュアリ・パブリッシング)を発売しました。くわしい分量は書いていないのに、なぜかわかりやすく、今すぐに料理を作ってみたくなるレシピ集。今回は、本書についてや料理への想いを聞くべく、メールインタビューを行いました。(取材・文=山田果奈映) 【写真】名言たっぷり!『カレンの台所』をちら見 ■レシピ本は“親友のような自分” ーー「カレンの台所」の出版おめでとうございます。出版が決定したときはどのようなお気持ちでしたか? 「本を出さないか」と言われたのは、去年の寒さが肌を冷たくさせる日でした。まさか、レシピ本を出さないかなど言われるつもりがなかったので、なんの心の予備もなかったです。 でも制限なき居間(インスタグラム)で私が出した記事だということですので、そりゃ責任者は私だったので、すごく嬉しかったです。不安はまだ見つからなかったくらい、また新しい扉が出てくるのか! と2020年への生き方が変わるワクワクがありました! ーー完成した本をご覧になって、いかがでしたか? 自分が発信したこと尽くめです。わたしの頭が文字となり、私の理想が、絵となりました。それはもう親友のような自分です。どちらも自分なのに愛があるという、不思議な相方です。 1ページ1ページが恋しくて、あ、そうそう! とまた頷いたり、協力してくださった人の皆さまはもちろんですが、食材たち、彩の助け舟食器やカトラリーたちにも感謝がおさまりません。真っ赤な顔が似合う、素敵な台所ができあがりました。 ーーまるで短編小説を読んでいるような文章にとても引き込まれました。普段のインスタグラムでも、思わずクスッと笑ったり、優しい気持ちになったりする方がたくさんいると思います。文章を書く上で、何か気をつけていることはありますか? ありがとうございます。いつもどう書いているんだ? と優しい質問をしていただきます。でも何かを考えながら書いているわけではなく、書いているときは次の行のことも、前の行のことも見ている暇はありませんで、書いた後にいつもこうなったのか、と感じる自分がいます。 でも人間なので、書く意識は小学生で学んだのでとんでもない文にはなりません。意識していることと聞いてくるならば、とにかく溢れる想いは床や天井に散りばめないように、携帯のメモに受け渡す、ということです。次の日に今日のことは書こう、という道が私にはありません。目の前には。なぜなら忘れてしまうからです。 忘れてしまうのか、今にしか興味がないのかは、どちらもだからです。今や明日を大切にしていたいから、過去の気持ちを今書くというそんな山を背中から登れと言われる難しさは私にはできないのです。なので今感じたことは、今。今書けないなら、ならばそれは書くことではない、とすら思う私です。人生振り返っていたらただでさえ時間足りないですのでね! ーーすべてだとは思うのですが、本の中で特にお気に入りのレシピを教えてください。 おっしゃる通り全てです。ただ同じ愛で好きなわけではなく、好きな気持ちはそれぞれのページによって生まれます。私に揚げ物の楽しさを教えてくれた感謝の愛は、唐揚げですし、食べたい! と自分が365日片思いしているのは、ラザニアです。こうやってページ全てに愛が繋がったことにより、一冊の集団になれたのだと思います! ■料理初心者の頃は「たんなる動き」だった ーー滝沢さんが料理を始めたのはいつ頃ですか?何かきっかけがあったのでしょうか? 私の料理との出会いは紛れも知らない17歳のことでした。料理と言ったら食材たちに頭上がらないので、たんなる動き、でした。お腹が空いたけど、外食するお金もなければ一人じゃ外食もしたくない、という単なる思いから、コンビニで乾麺とミートソースのあっため次第で食べられるパックを買いました。それが、私が鍋に湯を張り台所に立った日です。 その日から料理ができる自分はもしかしたら、今よりかっこいいんじゃないだろうか? とふと考えました。最初はできる自分ができる自分がとばかり頭を膨らましていましたが、今はそんな時代も過ぎてただ楽しくて、ただ変身した食材たちに会いたくて、というどっから目線なんだ、という自分がいます。 ーー新生活のスタートで、自炊を始める方も多い時期です。料理初心者はどのようなことから始めたらいいと思いますか?また、滝沢さんが初めて作った料理はなんですか? 始め方にはルールも規則もなく自由な広場です。そこはご自分の台所ですから。始める理由も台所に立つ人間の数だけあると思います。私は硬い規則なんか逆にほっぽり出して、「どうも今日から料理始めます。仲良く行きましょう」と台所に呟いたらきっと自然と慎重に進むはずです。 “何かをつくりたい” そのためには、進まなきゃ作れないものはこの世にたくさんあります。だから人間勝手に手が動くものです。ただ調理器具って意外と恐ろしい形をしたものもあるので、ぜひ体だけは気を付けてくださいね! 無理やり・焦り・ごった返し は台所では控えましょう。 初めてでしたら、初対面同士、たっぷり時間があるときがおすすめです。人間同士も初めましてだったら時間をかけなきゃ知れないことがありますものね。私が"料理"と言えるものを初めてしたのは、確かハンバーグかカレーだったような気がします。ハンバーグを作れたら色々な道幅ができます。おすすめします。 ■自炊を始める人へ「人生やめるまで"料理ができる"は裏切りません」 ーー週5で自炊をしている滝沢さんのモチベーションはなんですか? いつも見事な形に変身してくれる食材たちが、明日のモチベーションに橋渡ししてくれます。やりたくないなって時は無理に台所には行きません。でもきっと作ったら楽しいなって、料理が好きだからこう思えるのは幸せだと感じます。 あとはお皿を買ったりすると更なる食卓への夢が広がります。たまに季節を感じた食器を食材たちに合わせてあげるのも、台所への恩返しになります。 ーー自炊をしたい気持ちはあるけれど、どうしても料理に苦手意識がある…という方に何か料理を始めるアドバイスをお願いします! わかります! 大いにわかります! 私もずっと苦手意識がありました。でも私は料理ができるようになった清々しい自分を何度も想像していました。だからどんなにうまくいかなくても、どんなに失敗しても未来の料理ができる自分に会いたかったから。単なるかっこよく作れる自分に会いたかっただけです。今作れるようになって、あの時諦めないでくれてありがとう! って本当に思えます。 失敗があって成功があり、成功があるから次のステップがあります。人生やめるまで"料理ができる"は裏切りません。私はそんな台所をずっと信じています。

【関連記事】