Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【陸上】PlayBack関東インカレ2019 法大・佐藤が1部長距離を席巻! 2部は國學院コンビが活躍

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
月刊陸上競技

 本来であれば5月21日から4日間行われる予定だった関東インカレ。今年で99回を迎える伝統ある大会も新型コロナウイルスの影響で5月開催は中止となった。そこで、2019年の関東インカレで活躍を見せた選手たちをプレイバック! 【写真で振り返る】東海大 黄金世代の4年間

佐藤が長距離2種目で日本人トップ

 前年度の駅伝シーズンで大活躍だった相澤晃(東洋大4年)を退け、スポットライトを浴びたのは法大4年の佐藤敏也だった。初日の10000mを28分41秒58で3位に食い込むと、最終日の5000mでも「120%の力が出せた」という激走で終盤まで並走していた相澤を突き放し、4位(13分59秒51)を確保。2種目で日本人トップに立った。  これまで箱根駅伝では1~2年時に6区で区間3位と好走し、「山下りのスペシャリスト」として活躍。2年時には30kmで学生歴代8位の1時間30分02秒をマークし、3年時はエース級が集う1区(区間5位)を務めたが、トラックではこれといった成績を収めていなかった。  この大会でブレイクした佐藤は、7月に5000mで13分38秒22と大幅自己新をマーク。ロードだけでなく、トラックでもトップクラスの実力者であることを証明してみせた。  駅伝シーズンは夏場の故障が尾を引いて出場はかなわなかったが、将来はマラソンで五輪出場を目指す。新たなステージでの活躍に注目だ。

國學院コンビが2部で旋風巻き起こす

 青学大や駒大など、箱根駅伝常連校が多数そろう2部では、“國学院大コンビ”の活躍が目立った。  ハーフマラソンでは主将の土方英和(4年)が山下一貴(駒大4年)とのデッドヒートを制し、自身初となるタイトルを獲得。「暑いコンディションで勝てたのはすごく自信になった」と喜んだ。チームとしても、山口祥太コーチが2007年の2部10000mで優勝して以来の快挙だった。  トラックでは、その年の箱根駅伝で5区区間賞を獲得した浦野雄平(4年)が躍動。「日本人集団でしっかり勝負しよう」という前田康弘監督の指示通り、5000m6位、10000m4位と2種目で日本人トップに輝いた。  前年度は土方が3年生主将を務め、同期の浦野、青木祐人らとともに主軸としてチームを牽引。全日本大学駅伝6位、箱根駅伝7位といずれも過去最高成績を収めた。昨年度は出雲駅伝初優勝、箱根駅伝3位とさらに躍進を遂げたわけだが、関東インカレでの結果は、その予兆とも言える快進撃だった。  この春から土方はHonda、浦野は富士通と、そろって実業団の強豪チームへと加入。今度は違うチームで切磋琢磨を続けていく。

月陸編集部

【関連記事】