Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

リモートワークで広がる“見えない残業”、勤勉な人ほど“やりがい搾取”に…働き方改革の影で、新たなタイプ過労死も

配信

ABEMA TIMES

 「働き方改革」が叫ばれる中にあっても無くならない過労死。辞めたくても辞められない、本当は仕事が好き。14日の『ABEMA Prime』では、そんな理由で長時間労働から抜け出せずに悩んでいる女性を通じて、過労の問題を考えた。 【映像】月80時間の残業でうつ診断...当事者に聞く “やりがい搾取“で拒めない残業 リモワで隠れ過労死も?

■真面目にやればやるほど、“じゃ、あれもできるでしょ”と…

 印刷系の企業で法人営業を担当しているミキさん(仮名)は、この日、朝5時台に家を出た。睡眠時間は4時間にも満たない。「締め切りの近い提案書が溜まっていて、これでも今日中には終わらないと思う。終わらないから土日に回そうかなと。真面目にやればやるほど、“じゃ、あれもできるでしょ”と同じ人に仕事が集中しがちで…」。  6月のある週のスケジュールを見てみると、平日の平均睡眠時間は約5時間、それ以外の時間はほぼ仕事で埋まっていた。「特にこの週は起きたら仕事、帰ったら急いで寝て、また明日の仕事に備えなきゃ、という感じで。24時間、仕事のことで頭がいっぱいだった。基本的には移動中もパソコンを開いて、何かしらの仕事をしていた」。

 仕事を終え、帰路についたのは午後9時過ぎ。これでも普段よりは早いという。コンビニで“自分へのご褒美”として砂肝を買った。実はこの2年間、こうした状況がほぼ毎月続いているというミキさん。状況を変えるべく、転職活動を始めてみたこともあるが、忙しさの中で集中することができず、結局やめてしまったという。

■“考えないことで乗り切る”日々が常態化、体調不良に…

 その結果、イライラすることが増え、ついに躁鬱の症状が出ていると診断されてしまう。今も定期的に薬を服用してはいるが、苛立ちや不安は消えない。「恋愛する時間もなく、いい歳で独身なので、このままの働き方を続けてずっと独身なのかなと思うと、暗い感じにはなってしまう。でも、以前は飲みに行って愚痴を言い合えば、“明日からも頑張ろうか”って乗り切ることができていた。それが今はコロナもあってそういう機会が減り、本当にしんどい。電車のホームで“あぁ…”となったこともある。それでも、“こんな会社のために死んだら負けだ”という思いもあって、根性でやるかって…」。  労働問題に取り組むNPO法人「POSSE」の今野晴貴氏代表は「過重労働の中で相談できる人もいなくなり、その他の選択肢が見えなくなっていく。そして追い込まれてしまった、というケースは本当によくある。しかも、“この状況はおかしいのではないか”と考えることでかえって辛くなってしまうので、“やるしかないんだ”と思い込む。そうやって“考えないことで乗り切る”日々が常態化し、体を壊してしまう。私たちのところに相談に来る方々も、“倒れて初めてこの状況を変えなきゃいけないと思った”とおっしゃる方が非常に多い」と話す。

【関連記事】