Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

eコマース収益が 322% 増、ハーストUK 第2四半期の記録:「さらなる成長が見込まれている」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
DIGIDAY[日本版]

数ヵ月前、何百万もの人々がロックダウンの最中にあり自宅に篭っていた頃、ハーストUK(Hearst UK)が発行するとある雑誌のサイトで、4000ポンド(約57万円)もするポジターノ(Positano)のレースドレスが売れた。 「高価な商品だし、あれには驚いた」と、ハーストUKのチーフコマーシャルオフィサーを務めるジェーン・ウルフソン氏はいう。「ロックダウン中なのに、そんなドレスを着てどこに行くのかと」。 実際この5ヵ月間、そうした予測不能の購買行動を多くのパブリッシャーが目にしている。パブリッシャーは衝動買いを行う人々の気まぐれや、Amazonによるアフィリエイト手数料引き下げ問題に悩まされていた。加えて、在庫やサプライチェーンに関連する問題で、パブリッシャーのeコマースプログラムに参加していたセラーが次々と撤退。その対応にも追われていた。 こうした状況がある一方、広告収入が減っているパブリッシャーにとって、eコマースは期待を集めるチャネルになっている。なかでもハーストUKは、eコマース収益が第2四半期、前年同期比で322%の伸びを記録した。同社は、今期および前年同期の売上高を具体的には明かさなかったが、eコマースのこうした成長ぶりは、著しい広告収益減の痛みを多少和らげたことは間違いない。しかし、先行きが読み辛くなっているいま、こうした好調ぶりがどこまで続くかは誰にもわからない。

正常化の兆し

いずれにせよハーストUKでは、第3四半期に入りいくつかのeコマースカテゴリーの売上が、正常化しつつある。特に健康やフィットネス、そしてインテリアやガーデニング領域は、多くの人が自宅で長い時間を過ごすようになったため、依然として高い数字を保っている。 「売上がもっとも落ち込んだのはマスク類だ」と、ハーストUKでチーフ・コンテンツ・デベロプメント・オフィサーを務めるベッツィ・ファスト氏はいう。 「マスクは誰もが必要とするものであり、我々が運営する多くのサイトでも一時は非常に好調だった。現在はその勢いは落ち着きつつあるが、我々は今後、これまでとは異なるマスクの展開を考えている。それはたとえば軽量マスクやエクササイズ対応マスクなどだ」。 アフィリエイトネットワーク事業を展開するスキムリンクス(Skimlinks)によると、マスクおよびその関連商品市場は活況を呈しているという。子ども用マスクや結婚式/披露宴用マスク、さらにはマスクケースやマスク着用による肌トラブルに対応するスキンケア品など、売れ筋商品は多岐にわたる。

【関連記事】