Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

メルカリ決算、コロナ追い風に売上高48%増(前年比)で予想上回る…最終赤字は227億円

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
BUSINESS INSIDER JAPAN

フリマアプリ大手のメルカリは8月6日、2020年6月期の決算を公表。売上高762億7500万円(前年比48%増)、営業損失193億800万円(前年は赤字約121億円)、最終損失は227億7200万円の赤字を計上した(同赤字約137億円)。 【全画像をみる】メルカリ決算、コロナ追い風に売上高48%増(前年比)で予想上回る…最終赤字は227億円 4月30日時点で公表していた通期の業績予想を大幅に上回る売上高(差異12億~32億円)で着地した形だ。同社はリリース文のなかで、増収要因を次のように説明している。 連結売上高は4Qに新型コロナの拡大に伴い、日本および米国事業でEC需要が増加した メルペイについても、大きなネガティブインパクトがなかった 連結営業利益、最終利益などについても、売上高の増加、グループ全体の広告宣伝費などの投資抑制、コスト削減をしたことで前回予想を上回った メルカリは15時30分現在、決算会見中だ。 (文・伊藤有)

伊藤 有

【関連記事】