Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

池江璃花子、五輪1年前イベント登場 日本選手代表で全世界へメッセージ配信

配信

スポーツ報知

 白血病からの復帰を目指す競泳女子の池江璃花子(19)=ルネサンス=が、来夏に延期された東京五輪の開会式まであと1年の節目となる7月23日に、日本のアスリートを代表して全世界にメッセージを発信することが30日、分かった。  五輪開会式の舞台でもありメインスタジアムとなる新国立競技場での行事に登場する予定。新型コロナウイルスの感染拡大で練習や試合が制限され、日常が戻り切っておらず不安に陥っている選手も多い。病という困難を乗り越えて挑戦を続ける池江から、メッセージを伝えてもらう演出がふさわしいと判断された。ネットなどを通じ、全世界に配信される見通しだ。  池江は長期の入院生活から昨年12月に退院。2024年パリ五輪で表彰台を目指す考えを明らかにし、今年3月にはプールでの練習を再開。既に4泳法も解禁し、少しずつ復帰への道のりを歩んでいる。  五輪組織委はこの日、「1年前のイベントは簡素化の方針に基づき、従来型のイベントは行わず、何らかの形でメッセージを発信するが、その方法などは現在、関係者とともに検討している」とのコメントを発表。新国立に観客などは入れず、非常にシンプルな形のセレモニーとなりそうだ。

報知新聞社

【関連記事】