Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ママ友トラブルで渦中のママから相談されたらどうしたらいい?心構え5つ【子育てアドバイザー】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
たまひよONLINE

子どもの入園・入学、習い事などをきっかけに始まるママ友づきあい。わが子を軸として成り立っている関係だからこそ、子ども同士のケンカがきっかけでママ同士のトラブルに発展することもあります。他のママ友同士でトラブルが起こった際に、第三者としての向き合い方について子育てアドバイザーの長島ともこさんに紹介してもらいました。 ▶【マンガ】ファミレスでママ友たちに会い、ぼっちになった話 長島ともこ フリーエディター、ライター。育児、妊娠&出産の分野を中心に書籍、雑誌、WEBの編集、執筆に携わる。著書に『PTA広報誌づくりがウソのように楽しくラクになる本』、『卒対を楽しくラクに乗り切る本』がある。認定子育てアドバイザー、All About「子育て・PTA情報」ガイド。2児の母。

ママ同士で起こりやすいトラブル、5つのパターン

子どもが園で同じクラス、近くに住んでいる、同じスクールで習い事をしているなど…。ママ友との関係は、当たり前ですが、“子どもを介して”の関係です。子育ての方針や価値観は家庭により異なり、子ども同士のトラブルが発端となってママ同士の関係にひびが入ることもあります。また、子どもを介さずにPTAや懇談会など、保護者同士の集まりでいざこざが起こることもあります。 ママ同士で起こりやすいトラブルには、以下5つのパターンがあげられるのではないでしょか。具体的に見ていきましょう。 ●子ども同士のトラブルがきっかけとなり、ママ同士が微妙な関係に 園で子ども同士がオモチャのとりあいでケンカ。『たたいた』『たたかれた』などの子ども同士のちょっとしたトラブル報告を機に、双方の親が微妙な関係になることがあります。 ●PTA・懇談会など保護者同士の集まりで意見が分かれ、メンバーが分裂 保護者の集まりで、とあるテーマについて意見の対立がきっかけとなり、メンバー同士のチームワークにひびが入ることも。役員決めの会が、揉めるきっかけになることも少なくありません。 ●SNSによるコミュニケーションがトラブルの元になることも 「わが子の写真を無断でSNSにアップした」「毎日夜中にメッセージを送ってくる」「大切な連絡事項を送っても既読スルー」など、保護者間のSNSによるコミュニケーションがトラブルの元になることもあります。 ●宗教・生命保険・セミナーなど、突然の勧誘により関係がぎくしゃく つかずはなれずの関係だったママ友から、突然の“勧誘”があり、戸惑うママもいます。「興味がないので断ったら、それ以来避けられるようになった」といった、相手の振る舞いに悩んでしまうママも少なくないようです。 ●なぜ私が?  詮索や悪口のターゲットにされ人間不信に ごく普通におつきあいをしてきたママ友から、突然旦那さんの職業を聞かれたり、陰で自分の悪口を言われたりしたことを知り「そのママとは距離を置いた」というケースもあります。

【関連記事】