Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

マツコ、リモート出演をすべて拒否して家から素っ裸で電話出演

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
SmartFLASH

 マツコ・デラックスが、6月30日放送の『月曜から夜ふかし』(日本テレビ系)で、コロナ禍による仕事の変化を語った。  外出自粛期間中、スタジオではなく、自宅から電話で同番組に出演していたマツコ。「素っ裸で電話してたからね。服着るだけで面倒くさかった」と、当時を回顧する。  村上信五がリモート出演していた番組をマツコが目にした際、通信環境の悪さからスムーズにつながらなくなっていたといい、「面白かった。テレビってあのままでいいと思う。ハプニング性は収録のテレビにはないのよ」と持論を述べる。  一方、自身はリモート出演をすべて断ってきたという。電話出演ならOKという姿勢を貫いた結果、同番組と『5時に夢中!』(TOKYO MX)しかマツコの提案に乗ってこなかった。そのせいか、『夜ふかし』で村上と電話した後、『5時に夢中!』のプロデューサーから電話がかかってくるまで、1週間にわたり誰からも着信がなかったと振り返っていた。  自宅からの電話出演にこだわったマツコ。  5月11日放送の『5時に夢中!』で電話出演した際も全裸だったといい、「今さっきヒゲ剃ったところ。でも、基本的に白髪もそのままよ。なんにもやっていない」と、外見を気にしなくなったことを明かしていた。  30日放送の『夜ふかし』では久々にスタジオ収録に臨んだが、「(自宅からの出演は)瞬く間に時が過ぎた。なんの苦痛もなかった。(しかし、スタジオ出演に)復帰した当日夜から下痢が出て、ストレスがすごいわよ」とぼやいていた。

【関連記事】