Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「コロナに負けないで」神戸の子どもたちがエール 首里城、美ら海水族館に色紙贈呈

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
琉球新報

 新型コロナウイルスの影響で休業が続いた首里城公園と沖縄美ら海水族館を応援しようと、神戸市内の児童養護施設の子どもたちがメッセージを書いた色紙を制作した。KOBE三宮・ひと街創り協議会事務局の武村只朗さんが29日、那覇市の首里城公園管理センターを訪れ、沖縄美ら島財団へ色紙を贈った。協議会は毎年、神戸市内の児童養護施設の子どもたちが沖縄を訪れ、自然や歴史、文化を体験する事業「笑顔と感動 KOBE夢・未来号・沖縄」を実施している。    魚やイルカのイラストが描かれた色紙には、子どもたちが沖縄美ら海水族館や首里城を訪れた際の思い出や「コロナに負けないで」「また行けることを楽しみにしています」など多くの声が寄せられた。色紙は今後開催するイベントなどで紹介する予定。  武村さんは「頑張ってほしいという子どもたちの気持ちを届けたい」と語った。同財団の並里力事務局次長は「子どもたちの声は宝だ。来年もいい思い出をつくってもらえるよう努めたい」と話した。

琉球新報社

【関連記事】