Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

元バルサSD バレンシアから2選手を獲得した理由を語る

配信

SPORT.es

FCバルセロナの元スポーツディレクター(SD)であるロベルト・フェルナンデスが『Superdeporte』のインタビューに答えた。彼はバレンシアからバルサに加入したパコ・アルカセルとアンドレ・ゴメスについて語った。 アンドレ・ゴメスが重傷を振り返る「家族を見るのが辛かった」 「ルイス・スアレスがいたので、そのポジションで6~7人の様々な選手が獲得候補に挙がっていた」とロベルトは語った。「ルイス・エンリケと私は若くてコストがかからず、競争力を持ち、成長し続けられる選手が欲しいことを明確にしていた」と語り、そこでロベルトはアルカセルを勧めたという。 「彼は狭いスペースでのプレーの仕方を知っていたし、フィニッシャーとしても優れていた。バレンシアが売却する可能性があり、彼もここに来ることを望んでいた。問題なく適応できると感じていた」と語った。 バルサで失敗したゴメスについては次のように語っている。「誰も予想していなかった。彼はメディアに何が起こっているか認める強さを持っていたが、ピッチ上で“私はここにいる”と示すことができなかった」 「アンドレは22歳ですべてを持っていた。強くて、エレガントでパワフルだったが、状況をうまく管理できていなかった。彼は多くのことに苦しんでいたし、皆それを感じていた。ラキティッチやブスケツ、イニエスタのような偉大な選手がピッチ上にいる状況で、彼がチームを大いに助けてくれると思っていた。しかし、私たちは彼にそれができず、彼が去ることが最善だと判断した」と語った。

SPORT.es

【関連記事】