Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【ONE】ロッタンがペッダムを撃破しV3、前進し強烈パンチの猛攻

配信

イーファイト

ONE Championship 『ONE: NO SURRENDER』 2020年7月31日(金)タイ・バンコク インパクト・アリーナ photos by ONE Championship 【フォト】ペッダムのミドルにお構いなしにパンチを振るうロッタン ▼メインイベント ONEフライ級(-61.2kg)ムエタイ世界タイトルマッチ 3分5R ○ロッタン・ジットムアンノン(タイ/王者) 判定2-0 ●ペッダム・ペッティンディーアカデミー(タイ/挑戦者) ※ロッタンが王座防衛  ロッタンは、2018年に日本に初来日し、那須川天心との一戦で一躍有名に。ガンガン前に出て、強烈な拳や破壊力満点のミドルで攻め立てるスタイルで人気を博している。  その後ONEに活躍の場を移し、2019年8月にONEムエタイフライ級王座を奪取、これまでに2度の防衛に成功している。  対するペッダムは、元ルンピニースタジアム認定バンタム級王者の肩書を持つムエタイ強豪。19年5月にはONEフライ級キックボクシング世界王座を獲得するも、初防衛戦でイリアス・エナッシにKO負けを喫し、王座から陥落した。今年1月のマニラ大会では、MOMOTAROをフライ級ムエタイマッチで下し再起。今回はムエタイでONE世界王座獲得を目指す。  両者は過去2度対戦し、勝敗は1勝1敗のイーブン。互いを”宿敵”として意識する両者による決着戦の舞台がONE世界王座戦となった。  1Rは静かな立ち上がりだったが2Rには距離をとるペッダムの左ストレートがロッタンにヒット。プレッシャーを強めたロッタンは至近距離で左アッパーや、左右フックを連打。ラウンド終盤には左右フックでペッダムの顔面をとらえ動きを鈍らせる。  3R、ペッダムは左ミドルで突き放しにかかるが、ロッタンはお構い無しに前進し、下がるペッダムへ挑発する。ロープに詰めたロッタンは右ボディフックでペッダムの体をくの字に折ると、コーナー際でもパンチ連打を浴びせ、主導権を手にする。  4R、ペッダムの左ミドルを腕で受け、ロッタンはパンチ連打するなどプレッシャーを強める。  5R、ロッタンが飛び込んで右ストレート。プレッシャーを強め続けるロッタンに、ペッダムも左ミドル、左ストレートで応戦する。終了1分前にペッダムの左ミドルに合わせたロッタンの左フックが直撃し、ダメージを受けたが軸を崩しながらペッダムが後退。ダウンにはつながらないもののロッタンが見せ場を作ったところで試合終了のゴングを迎えた。  ジャッジに勝敗が委ねられ、2者がロッタンを支持。ロッタンはタイトルの防衛に成功するとともに、ペッダムとの対戦成績を2勝1敗と勝ち越し、恋人スタンプとの同時勝利を成し遂げた。

【関連記事】