Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

スウィング「以外」をゆっくりにするのがコツ! 雨ゴルフでスコアを崩さないゴルフのやり方

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
みんなのゴルフダイジェスト

梅雨真っ盛り、あいにくの雨のなかゴルフをプレーする人が増える季節になってきた。雨ゴルフはどうしてもスコアを崩しがちだが、雨の中でもスコアを守るにはどうすればいいのか。プロゴルファー・中井学に聞いた。

雨ゴルフのスコアメーク術を中井学プロに教えてもらった

雨ゴルフはなぜ難しいのか。中井学プロはまず「前提」を教えてくれた。 「基本的に、人間は雨に濡れたくないという本能が働きますので、動作を急いでしまうんですよ。なので、僕は雨の日はとにかくスウィングに入るまで、たとえばティアップからアドレスに入るまでの動作を急がないことだけを意識しています」 急に雨が降り出すと、人は誰しも濡れないように小走りになるし、駅前の駐輪場で慌てて自転車を倒してしまう人なども目にするものだ。これはゴルファーも同様。どうしても“急ぎ”が入ってしまうため、意識的に動作をゆっくりにする必要があるわけだ。 「動作をゆっくりにする=スウィングリズムをゆっくりにする」と連想してしまうが、「スウィング自体に大きな変化はありません」と中井プロは続ける。 「そこはいつも通りにでいいんです。むしろ、いつもと変わらないスウィングやリズムで打つようにするために、スウィングに入るまでの動作をゆっくりするわけです。スウィングだけゆっくりにしようとしても、あまり上手くいきませんから」(中井) また、雨ゴルフではボールが止まりやすいため、いいスコアを出すためにはキャリーの距離をしっかり把握する必要がある。 「アマチュアゴルファーの方は自分の飛距離をランも含めたトータル飛距離で考えていることが多くあります。その結果、ナイスショットしたはずのボールが想定したより飛ばない、ということが起こってしまう。そうすると『飛んでいない』という認識を持ってしまい、力みにつながってしまいます」(中井) それを防ぐためのには”下準備”が重要なようだ。たとえば、晴れた日からフィニッシュでバランスを崩してしまう人は雨の日は余計にバランスが崩れるし、キャリーの把握にしても、つねづねピッチマークとボールの止まった距離の関係を把握しておくなどして、知っておくクセをあらかじめ付ける必要がある。「雨ゴルフでスコアを崩さないためには、晴れた日に準備をしておく必要があるんです」と中井プロ。 練習場ではバランスの崩れないスウィングを磨き、晴れた日のゴルフではキャリーを把握する。そのうえで、雨の日はアドレスに入るまでの動作を意識してゆっくりと行う。これらを実践すれば、雨の日ゴルフも怖くない!?

みんなのゴルフダイジェスト編集部

【関連記事】