Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

豪雨被害の原鶴温泉の老舗旅館「泰泉閣」 わずか10日余りで再開

配信

FNNプライムオンライン

豪雨の影響で浸水した福岡県朝倉市の原鶴温泉の旅館が、7月17日に再オープンした。 新型コロナウイルスによる休業から明けた矢先の豪雨被害。わずか10日余りで再開にこぎ着けた旅館を取材した。 【画像】浸水した老舗旅館「泰泉閣」

コロナ休業明けに記録的な豪雨で浸水

創業71年を迎える原鶴温泉の老舗旅館「泰泉閣(たいせんかく)」。 6日から7日にかけての記録的な豪雨で、近くの用水路からあふれた泥水が流れ込み、大人のひざほどまで漬かってしまった。 3年前の九州北部豪雨でも浸水した泰泉閣は、前回を教訓に備えたため、畳など一部は被害を免れたものの、調理場や食事所がある1階は2日間にわたって水に漬かり、大部分が使えなくなった。

オープン前日に旅館の命「美肌の湯」も 「今まで通り。ほっとしています」

再開が翌日に迫った16日も、浸水した1階の食事所を中心に、スタッフ総出で朝から片付けを進めていた。食事所の床は全て新しく張り替えられ、辛うじてぬれずに済んだ畳も元通りに敷かれている。 茶色い泥水があふれていた調理場も…。 林恭一郎社長: きれいに消毒して、きょう(17日)から仕込みも始まっていますので すっかりきれいに掃除され、料理人の活気にあふれていた。 再開早々に来てくれる予約客を迎えるため、早速、仕込みも始まっている。 そして、そのすぐ脇には大量の食器が積まれている。団体客も訪れる泰泉閣で使われる食器の数は3000枚以上。 水に漬かって食器洗い乾燥機が壊れてしまったため、全てスタッフが手洗いしたという。 ーー修理は間に合いそうですか? 上船昌幸調理長: きょう(17日)の夕方には修理できて、それからみんな社員総出で漬かった器の洗浄・消毒に。もう一度ここで消毒する作業をきょう(17日)の夜から 泰泉閣の命とも言えるのが、温泉「美肌の湯」だ。 源泉をくみ上げるポンプが泥水に漬かり、一時は濁ってしまっていたが…。 林恭一郎社長: 今まで通りですね。原鶴の素晴らしいお湯が出るようになりましたので、ほっとしています 壊れたポンプを交換したことで、透き通ったお湯が戻った。細かな泥までモップで丁寧に洗い流し、オープン前日にようやくお湯を張ることができたという。

【関連記事】