Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ロンドンのトレーダー、世界最長の取引時間短縮を支持

配信

Bloomberg

(ブルームバーグ): 英国の株式市場参加者の大半は、世界最長の取引時間の短縮を望んでいる。ロンドン証券取引所(LSE)の調査で分かった。

LSEが発表した意見聴取の結果によると、「過半数を十分に上回る回答者が取引時間短縮が業界の多様性と福利の改善に役立ちうるとの議論に賛同した」という。賛否の比率は明らかにしなかった。

LSEによれば、140人余りの回答者の大半は、いかなる変更にも欧州全体の取引所や取引プラットフォームでの一体的なアプローチが必要だとの考えを示した。このため、LSEは欧州の他の取引所の調査結果を待って判断するとしている。欧州の取引時間は8時間半と、米国に比べ2時間長い。

欧州金融市場協会(AFME)と英国投資協会(IA)は昨年11月、取引時間の短縮を提案している。

LSEは2019年12月~20年1月に、個人投資家から世界的投資銀行などを対象に調査した。

原題:London Traders Vote to Reduce World’s Longest Trading Hours (1)(抜粋)

(c)2020 Bloomberg L.P.

Ksenia Galouchko

【関連記事】