Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

トランプ大統領から早紀江さんに書簡…滋さんの死去で「悲しみに暮れている」

配信

読売新聞オンライン

 北朝鮮による拉致被害者の横田めぐみさん(拉致当時13歳)の父・滋さんが87歳で先月5日に亡くなったことを受け、米国のトランプ大統領から滋さんの妻・早紀江さん(84)宛てに書簡が届いた。支援組織「救う会」が1日、明らかにした。  書簡ではトランプ氏がメラニア夫人とともに「悲しみに暮れている」と悼み、「(夫妻の)たゆまぬ活動によって拉致問題は日米にとって優先課題であり続けている」とたたえた。さらに「早紀江さんと(双子の息子の)拓也さん、哲也さんとともに、めぐみさんを必ずご自宅に連れて帰るという重要な任務を続ける」との意思を表明した。  また、2017年に訪日した際、早紀江さんら被害者家族と面会したことに触れ、「全ての被害者家族が愛する人の所在について真実を知るべきだという、あなた方の不屈の決意に感動した」と振り返った。  書簡を受け取った早紀江さんは救う会を通じ、「感謝申し上げます。これからも娘を取り戻すために頑張って参ります」とのメッセージを出した。

【関連記事】