Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

9月入学制は「パフォーマンス」 秋田県知事が認識示す

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
共同通信

 秋田県の佐竹敬久知事は15日、9月入学制の是非を巡り「(本年度は)実現しない。一部の改革論者と称する方々のパフォーマンスだ」と述べ、拙速な議論は避けるべきだとの認識を示した。個人名は言及しなかった。県議会の協議会で自民党議員の質問に答えた。  佐竹氏は「春夏秋冬。日本人の気質からすると、春からの方が気が上がる」との持論を展開した。協議会後の取材に佐竹氏は「会計年度など社会の仕組みを全部変えなければいけない。(新型コロナウイルスの感染状況が)相当落ち着いてから、相当広範囲に議論する必要がある」とした。  9月入学制は賛同する知事も多い一方、慎重意見も根強い。

【関連記事】