Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

活動休止したW-1王者・芦野祥太郎が全日本プロレスを主戦場にすることを宣言!「俺が参戦したら今以上に面白くなるのは間違いない」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
バトル・ニュース

 6日、東京都・新木場1stRINGにて全日本プロレス『What we can do now 「いま全日本プロレスにできること」』が行われた。  新型コロナウイルスの感染者が東京都内で急増している事態を受け、先月25日には小池百合子都知事が不要不急の外出自粛を都民に要請。プロレス・格闘技界でもその影響は大きく、聖地たる後楽園ホールでは3月27日のJUST TAP OUT、3月31日のFREEDOMS、4月17日のドラディション、4月26日のディアナが中止となり、3月28日のKrush、3月29日のNOAH、4月1日のWRESTLE-1(以下、W-1)は無観客興行を開催していた。  全日本プロレスもこの影響を受け、毎年春に行われ今年40回目の開催を迎えるはずだった伝統あるリーグ戦であるチャンピオン・カーニバル(以下、CC)が史上初の中止に。そして6日に行われるはずだった後楽園ホール大会も中止の判断を下し、代わりに新木場1stRINGにて無観客興行を開催。この模様は自社動画サイトである『全日本プロレスTV』にてライブ配信された。  そしてメインイベント前には、3月31日をもってW-1を退団してフリーとなった元W-1王者・芦野祥太郎がリングへ登場。  芦野は、今回中止となったCCに参戦する予定であったことを明かし、「この全日本プロレスを俺の主戦場にしてやるよ。次に俺が出るときにはベビーかもしれないし、ヒールかもしれない。それはお前らの想像に任せる。それにもしかしたら仲間を連れてくるかもしれない。どっちにしろ、俺がこの全日本プロレスに参戦したら今以上に面白くなるのは間違いない」と全日本プロレスへの定期参戦を宣言し、元W-1勢をさらに参戦させることを仄めかした。  芦野は“W-1の強さの象徴”とされ、団体の至宝であったW-1王座を二度戴冠。退団者、負傷欠場者が相次ぐW-1の中で最後まで中核を担って団体を支え続けてきた立役者。その芦野が全日本プロレスへ参戦することで王座戦戦は新たな動きを見せていくことが予想されるため、今後の動向に注目したい。

【関連記事】