Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「無観客試合の難しさは…」京都、違和感の中で勝ち得た完封勝利! 期待が膨らむ最高のリスタートに!

配信

SOCCER DIGEST Web

リモートマッチならではの違和感も試合では…

 試合の4日前に森脇良太が、こんな話をしていた。   「無観客試合の難しさは、スタンドから見ていても感じました。一つひとつのプレーに応援や歓声が沸かないので、意識的にモチベーションを上げていかないといけない」    浦和在籍時の2014年に経験した無観客試合。森脇は出場停止によりピッチには立てなかったが、それでも違和感は大きかったという。 【J2第2節PHOTO】京都 2-0 磐田|P・ウタカが2発。スピードに乗った鋭い突破力を武器に京都が勝利  J2リーグ再開となった試合当日のキックオフ前に、そんな彼の言葉が頭に浮かんできた。スタジアムがとにかく静かなのだ。ふと時計を見ればキックオフ10分前にも関わらず、そんな雰囲気はまるでない。選手がピッチに出てきて、距離をとった集合写真撮影の様子などを見て、ようやく緊張感が高まってきたというのが正直な感想だ。    観客を入れないリモートマッチならではの違和感は他にもあった。水分補給のためのボトルを共有できないことを考慮して、気温25度という比較的過ごしやすい環境下でも、前後半で飲水タイムが設けられた。    また、通常なら府内のサッカー部やクラブチームがボランティアで参加してくれるボールボーイや担架要員は、育成部や普及部のスタッフが担当。斉藤大介や手島和希ら元Jリーガーも、ピッチ脇やスタンドで普段とは違う役割をこなしていた。    キックオフを迎えると、心配していた“練習試合のような雰囲気”にはならなかった。ピッチ上では選手たちが声を掛け合い、引き締まった雰囲気での攻防が繰り広げられた。とくに京都の選手たちからは、プレーが途切れる際に「(集中を)切らすな!切らすなよ!」、「いいよ!続けていこう!」など士気を高める声が頻繁に飛んでおり、経験豊富な森脇や安藤淳だけでなく、20歳のGK若原智哉も臆することなく指示を送っていた。

試合後には誰もいないスタンドへ挨拶も

 試合は序盤からボール保持率で上回った磐田に対して、京都は自陣の危険なエリアを防ぐことでチャンスを作らせない。サイドからクロスを送り込まれても、ゴール前でDF陣が跳ね返し続けた。    なかでも新戦力のDFヨルディ・バイスの力強さが目立ったが、チームとしての守備にも注目したい。開幕戦では相手にボールを動かされると中盤やサイドにギャップが生じ、3バックが引き出されていた。それが磐田戦では連携の取れた動きで全体のバランスが乱れなかった。    實好礼忠監督は「幅を使って攻めてくる磐田に(前から)プレッシャーを掛けたかったが、後ろに重くなってなかなかプレスにいけなかった」と理想の展開ではなかったと明かしているが、「選手の肌感覚というか、(プレスに)行けない状況も判断してやってくれ」というプランBも伝えていたという。    開幕戦の3-4-2-1から、3-1-4-2(自陣で守る際は5-3-2)へシステムを変えて無失点という結果を掴んだ指揮官は、「選手がすごくいいコーチングをしてくれて、(守備の)スイッチも金久保や曽根田が入れてくれた。良い守備をしてくれました」と選手を称えた。    攻撃では、新スタジアムでの公式戦初ゴールで歴史に名を刻んだピーター・ウタカの2得点が勝利を引き寄せた。序盤は自陣でボールを奪った後に、敵陣までパスを繋ぐことに苦労した。それが時間の経過とともに、右サイドの飯田貴敬が単騎で敵陣深くまで攻め上がり、中盤の金久保順と曽根田穣や、前線から臨機応変にポジションをとる宮吉拓実が起点となってカウンターを発動させるなど、チャンスが生まれていった。古巣対戦となった荒木大吾も左サイドで異彩を放ち、47分には得意のドリブルで中央へ切れ込んだプレーから追加点が生まれた。    試合後、選手たちはゴール裏へ向かい、挨拶を行なった。もちろん空席だが、画面越しに声援を送ってくれたサポーターたちへ感謝の気持ちを伝えるための行動だ。    キャプテンの安藤は「リモートマッチが終わってスタジアムに足を運べるようになったとき、我慢していた期間の思いを爆発させて応援してもらいたいです」とサポーターへメッセージを送っている。再開初戦で強敵・磐田に完封勝利。最高のリスタートを切った今シーズンの京都への、期待が膨らむ一戦だった。   取材・文●雨堤俊祐(サッカーライター)

【関連記事】