Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【MLB】大谷翔平一問一答 コロナ禍シーズンは「何が正解か分かっていない。できることを」

配信

Full-Count

大谷はキャンプ再開2日目を終え、オンライン会見に臨んだ

 エンゼルスの大谷翔平投手が4日(日本時間5日)、キャンプ再開2日目を終え、オンライン会見を行った。新型コロナウイルス感染拡大で3月中旬にスプリングトレーニングが中断されてから初めての取材対応。7月23日か24日(同24、25日)に開幕する60試合制のシーズンへ向け、「最初から最後まで全力で飛ばしていきたい」と二刀流復活への意欲を見せた。 【写真】「2人の天使だ」とファン大絶賛! 米有名人気“美人”レポーターが大谷翔平の腰に手を回し…笑顔2ショット写真を公開  この日はノースロー調整。フリー打撃では24スイングで4本の柵越えを記録した。日本時間5日は26歳の誕生日。オンライン会見では新型コロナ禍で迎えるシーズンへの複雑な思いを打ち明けた。 ――キャンプ再開した。野球練習した時の気持ち。 「2箇所に別れてやってますし、時間帯も違う。実際に会っているのは5人ぐらいですかね。5、6人で回っているので全員でやっている実感はないですけど、裏方の方もいるので、久々に会った人とか。ユニホームとか着てやったりとか、そういうのは全然違うかなと思うので、より練習に気合が入るかなと思います」 ――嬉しい気持ちか。 「それはそうですね。人はいっぱいいますし、外でもみんなで動けるので。そこは楽しいかなと思います」 ――他球団ではプレーしない選手もいる。プレーする不安は。 「何が正解なのかよく分かっていないところではあると思うので。できることをやるしかないですし、僕は1人で暮らしているので。私生活で誰かというワケでもないので不安はないですけど、家族がいる人とかは不安じゃないかなと思います」 ――開幕がなかなか決まらなかった。 「個人的にはやりたいと思っていたので、とりあえず決まったことは良かったなと思いますし、再開した時にしっかり頑張る準備はしてきたつもりなので。頑張りたいなと思います」 ――今季は60試合制で行われる。 「個人的には投手として復帰した1年になる。最初から最後までとなると不安の方が大きいかなと思うんですけど、短期ならそういう不安はないと思う。そういう意味ではいいかなと。出場機会とかありますけど、その辺りを考えても仕方ない。しっかり出たタイミングで頑張れるようにしたいなと思います」

【関連記事】