Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

オンライン会議でも映える! セレブに学ぶ簡単なアップスタイル5選

配信

ハーパーズ バザー・オンライン

家の中に閉じこもっているとは言え、バーチャルで顔を合わせる(フェイスタイム)という新たなリアリティがあるから、いつも通り、自分をスタイリングする機会はある。次のZoom会議やオンライン飲み会でのおしゃべり用に新しいヘアスタイルのインスピレーションを探しているなら、ご安心を。ヘアを簡単にアップにまとめて、エフォートレスなスタイルをアップデートしていたAリスターをピックアップ。今日にでもトライしたい5つのヘアスタイルをチェック。 【写真】海外セレブに学ぶ、梅雨にキマるスリーク&アップヘアアレンジ

リボンをプラス

シエナ・ミラーのように、小さく結んだシンプルなリボンをつけるだけで、無造作にまとめたポニーテールが完璧に意図したスタイルのように見えてくる。忙しい朝でも手軽に出来るアレンジだ。

簡単な三つ編み

エミリー・ラタコウスキーのように、三つ編みの終わりにリボンを結んでエレガンスをプラス。輪郭を縁取るように、フロントを優しくつまんで少し残している点に注目。スタイルがより洗練されるのだ。

無造作なシニョン

ルーシー・ボイントンのシニョンはエフォートレスなクールガールの証。パーフェクトに仕上げないのがこのスタイルのコツ。センターパーツにして、前髪を少しルースに残して。

低い位置のポニーテール

フロントを、サイドあるいはセンターパーツにした低い位置のポニーテールはヘアスタイルの定番。もし十分な長さがあれば、ジェニファー・アニストンのように毛先を肩にかけて。

ファッションノット

ケンダル・ジェンナーのこのスタイルを再現するには、高校時代に試したような真ん中の位置でポニーを作ってから、テール部分を輪にして頭頂部で結べば出来上がり。

Translation: Mitsuko Kanno From Harper’s BAZAAR UK

【関連記事】