Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

洗練の極みー友禅染の技が光る!女優・吉田羊さんが着こなす可憐で端正な菊の着物

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
婦人画報

残暑が厳しい毎日ですが、秋の足音は一歩ずつ近づいています。お出掛けから遠のいていたこの頃ですが、秋の声を聞いたら着物のおしゃれを楽しみましょう。 今回は、不老長寿の薬効も信じられてきた吉祥のシンボル「菊」を、吉田羊さんが艶やかに着こなしてくださいました。

秋の草花を描いた、一幅の絵のような訪問着をまとって

緑がまぶしい、夏の日差しのなかでの撮影。撮影ごとに多様な表情を見せる羊さん、今回は優雅ななかにも凛とした印象が感じられます。 撮影したカットの確認をスタッフと一緒にしていた羊さん、「今日はなぜか自分でも表情がきりっとしているなと思ったのですが、そうか~、実は今『コールドケース3』の撮影中なんです。カッコいい百合さん(役名)が残っているのかもしれないです」と分析。

着物の上前には、可憐な白菊に萩、撫子、女郎花、桔梗、薄に葛や藤袴……。幾種類もの秋の草花が洒脱な濡れ描き友禅でさらりと表現され、まるで一幅の絵をまとうような趣です。

優雅な友禅染の着物に合わせてヘアスタイルもクラシックに

ここでは、ヘアスタイルに着目。今回のヘアスタイルは、フロントはセンターで分けてまげを低めにして少しクラシックなイメージにまとめました。優雅な菊模様の友禅染の着物によく似合います。

それでは着物の柄を見てみましょう。江戸菊を思わせるクラシックな菊を中心に、四季の花を構成した付けさげ。 古典柄ながらモダンな印象を与えるのは、端正な線と柄構成の賜物。京友禅の老舗ならではの洗練美を味わえる着物です。

こちらは撮影時のオフショット。スタッフと談笑中の羊さんです。5月には「うちで着物を着よう」という小誌のSNSでの呼びかけに応じ、初のインスタライブで着物姿を披露、大評判に。 「家で着物、素敵ですよね。こういうご時世ですし、きっかけをいただけたのがありがたくて。ファンの方も喜んでくださいましたし、久しぶりにコーディネートを考えるのも楽しくて、私の気分も上がりました」。 限られた時間のなかでの撮影でしたが、オフショットの撮影にも快く応じてくださる羊さんにいつも感謝の気持ちでいっぱいです。 Profile よしだよう〇福岡県久留米市出身。NHK「純と愛」「真田丸」、TBS「コウノドリ」「凪のお暇」、フジテレビ「まだ結婚できない男」など、数々の話題作に出演。第24回読売演劇大賞優秀女優賞受賞。10月よりスタートするTBS「恋する母たち」に出演。また、WOWOW「連続ドラマWコールドケース3~真実の扉~」が12月に放送予定。 撮影=浅井佳代子[人物] 桂太(フレイム)[静物]へア&メイク=井手真紗子 着つけ=小田桐はるみ 撮影協力=八芳園 『美しいキモノ』2020年秋号より

【関連記事】