Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

原博実のスペイン紀行

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
J SPORTS

どこまでも太陽のような人だと思う。その光に照らされるだけで、心の中まで明るくなってしまうような。本人はきっと何の意識もしていないのだろうけれど。

それは2000-01シーズンのUEFAカップ決勝。イングランドの強豪として知られるリヴァプールに、スペインのアラベスが勇敢に立ち向かった伝説の一戦。常にリードを許す展開の中、ことごとく追い付き続けたアラベスは4-3で迎えた後半終了間際にも同点弾を叩き込み、延長戦まで勝敗の行方をもつれ込ませる。

最後は力尽き、4-5という壮絶なスコアでアラベスは敗れるのだが、この試合の現地解説を務めていた原さんは、ドン・キホーテさながらに巨大な敵へと向かっていくその雄姿にいたく感動し、試合中にもかかわらず泣いてしまったという。僕はこのエピソードが凄く気に入っている。何とも原さんらしいなと思うからだ。

最初に番組のロケとして原さんが訪れたのは、サン・セバスチャンだ。ニハトやダルコ・コバチェビッチ、ヴァレリー・カルピンらを擁し、その際立った個性がリーガの中でも注目を集めつつあったレアル・ソシエダを取材するのはもちろんだが、より本領が発揮されたのは“サッカー以外”の部分だった。

美味しそうにゴハンを食べ、シードル(りんご酒)の樽が並ぶ倉庫を訪ねる。『Foot!』のロケが“サッカー以外”の撮影にも力を入れ、その土地の文化をしっかり伝えるようになったのに、この時のロケの影響が非常に強く反映されているのは間違いない。

今回は厳選した4つのロケの模様をお届けする。一番古いものは、FC東京が行った2004年のラ・コルーニャ遠征にスタッフが帯同した“遠征記”。僕にとっては人生で初めての海外ロケであり、いろいろな意味で強烈な記憶として、頭の片隅に刻まれている。

当時も話題を呼んだ“赤いトラック野郎”も収録した。まず駐車場にあんなトラックの前方部分だけが置いてあるインパクトが強過ぎたことと、それがワルテル・パンディアーニの“自家用車”だったという衝撃の事実も含めて、とにかく面白かった。

【関連記事】