Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

五輪マラソン代表を逃した松田瑞生が複雑胸中吐露「また笑顔を…」の直後「ちょっと時間がかかるのは正直な気持ち」

配信

中日スポーツ

 名古屋ウィメンズマラソンを国内最高となる2時間20分29秒で優勝した一山麻緒(22)=ワコール=に逆転され、五輪代表の補欠(2番手)となった大阪国際女子マラソンの覇者・松田瑞生(24)=ダイハツ=は、8日夜に自身のツイッターを更新。「自分の力の無さを痛感しました。期待に応えれずすみませんでした。また笑顔をお見せできるよう頑張ります(原文のまま)」と前を向いた。 【写真】東京五輪内定!一山麻緒が歓喜のゴール  ただ直後に2度目の更新をし「とは言っても、ちょっと時間がかかるのは正直な気持ち…かも?笑(同)」などと複雑な胸中を吐露した。

【関連記事】