Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ルイス・ハミルトン、F1に提言「同一サーキット連続開催なら、もっと”クリエイティブ”になるべき」

配信

motorsport.com 日本版

 2020年のF1は、レッドブルリンクを舞台にしたオーストリアGPで開幕。第2戦も同じレッドブルリンクで、シュタイアーマルクGPとしてレースが行なわれた。同一シーズン中に同じサーキットで複数開催するのは、F1の歴史上初めてのことになる。 【動画】2020年F1第2戦シュタイアーマルクGP予選・決勝ハイライト  新型コロナウイルス感染拡大の影響で、開催カレンダーが大きく変更されることになった今季のF1。前述の通り開幕時期が大幅に遅れ、さらに渡航が難しい国も多くあることから、十分な数のレース開催を確保するために、同一サーキットでの複数レース開催という案が実現に至った。  現時点では、8月にシルバーストンでも、2レースを開催する予定になっている。  開幕戦はリタイアするマシンが多数発生、第2戦は予選が荒天に見舞われるなど、それぞれが異なる形のレースとなった。実際、2レース共に同じ順位で終えたのは、6位のセルジオ・ペレス(レーシングポイント)のみである。  しかしメルセデスのルイス・ハミルトンは、同じサーキットを舞台に開催されるイベントだとしても、もっと多くのバリエーションを目にしたいと語った。 「もっとクリエイティブなモノにすべきだと思う。それがどういう形なのか、分からないんだけどね」  ハミルトンはそう語った。 「僕は答えを持ち合わせていない。でも、持ち込むタイヤを変えるだけでは、何の違いもないと思う。僕らにとっては、何も違わないんだ」 「それはフォーマットの問題だろう。もし2週連続開催となった場合、サーキットを逆走できず、他のレイアウトを走ることもできないというのは、残念だ。でもこれらのサーキットを設計する時、そういうプランが含まれていなかったことは明らかだ」  なおシルバーストン2連戦の際には、ピレリが持ち込むタイヤのコンパウンドの組み合わせが、1レース目と2レース目では変えられている。また、シーズン終盤に予定されているバーレーンは、異なるレイアウトで2レースを開催することになりそうだ。  そんな中ハミルトンは、リバースグリッドが実施されなかったことに喜んでいるという。 「予選で上位につけたのに、グリッドが後方になってしまうのなら、それは非常に厳しいモノになるだろう」  ハミルトンはそう語る。 「もし、何か違うことをしている他のシリーズがあるなら、僕はそれを知りたいと思う」 「シルバーストンでは、2レースを開催する予定だ。そして2レース目には、それを刺激的なモノにするために行なうことができた、何かがあるのだと思う」

Luke Smith

【関連記事】