Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

KEYTALK、閉塞感を打ち破る元気なMVに「良い笑顔」「早くライブ行きてぇ」とファン絶賛

配信

ENCOUNT

富士山の日の出をバックに歌う

 4人組ロックバンド「KEYTALK」が、3月にリリースした配信シングル「サンライズ」のミュージックビデオ(MV)を公開。YouTubeには絶賛コメントが寄せられている。 【動画】「KEYTALK最高」「早くライブ行きてぇ」ファンも絶賛コメントを寄せたKEYTALKの「サンライズ」MV  日本中のフェスを踊らせるモンスターバンド「KEYTALK」。2019年は移籍という新たな一歩を踏み出し、11月にリリースした6枚目となるオリジナルアルバム「DON’T STOP THE MUSIC」はオリコンウィークリーアルバムランキング5位を記録するなど進化を続けている。  そんな彼らが子供の頃から大好きなゲーム「実況パワフルプロ野球」の25周年を記念したモバイルゲームのタイアップソング第2弾として2020年3月に新曲「サンライズ」をリリースした。まさしく「パワフル」な歌詞とサウンドが特徴のポップナンバーで、現在の閉塞感を自ら打ち破ろうとするエネルギーに満ちあふれている。  そしてこのタイミングでようやく「サンライズ」のMVが公開となった。  MVは、「パワプロ」とのタイアップソング第1弾「少年」の監督も務めた新進気鋭の映像作家、風野又二朗氏(かぜのまたじろう)が担当し、楽曲タイトルにふさわしいロケーションとして「富士山」が選ばれ、躍動感のある演奏シーンが印象的な映像作品に仕上がった。 「真っ暗でとても寒いなかでのスタンバイだったけど、初めて見る富士山越しの日の出には鳥肌が立った。思わず富士山に向かって走り出しちゃいました(笑)」とメンバーのコメントの通り、富士山から昇る「日の出」をバックに演奏する姿は、まさに「サンライズ」そのものだ。  コロナ禍で多くのライブが自粛となっている今、「心に太陽を」「もっともっと未来へ」「JUMP JUMP 明日へ」という歌詞に込められたメッセージと、壮大で躍動感あるMVを見たファンからは「良い笑顔」「底抜けに明るいパワーソングに涙出ました」「朝に聴いたらやる気が出てその日は頑張れそう」「ラストのわちゃわちゃ感も見てて楽しい!」「KEYTALK最高」「早くライブ行きてぇ」といった感想が寄せられた。

ENCOUNT編集部

【関連記事】

最終更新:
ENCOUNT