Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

自律神経を整えるのはどっち?|上司や取引先から 理不尽に叱られたら、反論する、沈黙する?【不摂生でも病気にならない人の習慣】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
サライ.jp

文/小林弘幸 「人生100年時代」に向け、ビジネスパーソンの健康への関心が急速に高まっています。しかし、医療や健康に関する情報は玉石混淆。例えば、朝食を食べる、食べない。炭水化物を抜く、抜かない。まったく正反対の行動にもかかわらず、どちらも医者たちが正解を主張し合っています。なかなか医者に相談できない多忙な人は、どうしたらいいのでしょうか? 働き盛りのビジネスパーソンから寄せられた相談に対する「小林式処方箋」は、誰もが簡単に実行できるものばかり。自律神経の名医が、様々な不摂生に対する「医学的に正しいリカバリー法」を、自身の経験も交えながら解説します。 上司や取引先から理不尽に叱られたら、 A.反論する B.沈黙する

認識すれば怒りの50%は収まる

あなたが悪くなかろうが、たとえ理不尽であろうが、ビジネスパーソンである以上、上司や取引先から叱責されることは必ずあります。 でも、自分のミスならともかく、相手のほうが間違っていたら……。反論したい気持ちに駆られるのは当然です。 しかしこれは、自律神経の見地から言うと、間違った行動です。なぜなら「反論する」という行動には、多かれ少なかれ怒りが伴います。実は、この怒りの感情が自律神経を大きく乱します。すると、またしてもその日1日が低調になってしまいます。 この他、自律神経が乱れると血流が悪くなり、脳に十分な酸素と栄養素が行き渡らなくなるので、冷静な判断ができなくなり、感情の抑制が効かなくなります。 いったん怒り出すと、収拾がつかなくなる状況ってありますよね? 怒りで感情の抑制を失った結果、怒りの感情を抑えることができなくなっているのです。 反論するあまり、暴言を吐いてしまった、という経験もあると思いますが、これは自律神経の作用だったりします。 ではどうするべきか。 そんな時は沈黙する。この選択こそベターです。 「ああ、自分は怒りそうだな」「感情のスイッチが入りそうだな」と感じたら、とにかくいったん、口を閉じましょう。そして大きく深呼吸するのです。「怒り」という感情は不思議なもので、「今、怒りそうだ」と認識できた瞬間に、怒りの50%が収まってしまうのです。そして大きく深呼吸。これでたいていの怒りは鎮まるものです。

【関連記事】