Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

野球選手に必要な筋肉とは?投球動作で重要な大胸筋の働きを解説

配信

Baseball Geeks

投球動作では肩関節を大きく外旋させた後、高速で内旋させることによってボールを加速させている。よって、投球動作時の肩関節の外旋の大きさ(最大外旋角度)や内旋の回転速度は、ボール速度を大きくするために重要である。 そのような重要な局面で、肩関節に作用する筋肉はどのように働いているのか?今回は肩関節の内旋に作用する大胸筋に着目し、投球動作における大胸筋の働きについて紹介していく。

筋肉が縮まない「筋収縮」って何!?

投球動作時の大胸筋の働きを考えるためには、筋肉の収縮様式を理解しておかなければならない。筋肉は収縮することによって力を発揮するが、筋収縮とは「筋肉がその中心方向に向かって力を発揮する作用」であり、単に「筋肉が縮む」だけとは限らない。よって、筋肉の収縮様式は以下の3つに分類される。 1.短縮性収縮:筋肉が力を発揮して短縮する(縮む)。 2.伸張性収縮:筋肉が力を発揮しながら強制的に伸長される(伸ばされる)。 3.等尺性収縮:筋肉の長さが変化しない状況で筋肉が力を発揮する。 バーベルアームカールを行うときの上腕二頭筋を例に、筋肉の収縮様式を考えてみよう。バーベルを上げる動作(図-1)において、上腕二頭筋は力を発揮して短縮する(短縮性収縮)。一方、バーベルをゆっくりと下ろす動作(図-2)では、上腕二頭筋は力を発揮しながら強制的に伸長される(伸張性収縮)。また、バーベルを上下させずに保持する場合(図-3)、上腕二頭筋は長さが変化しない状況で力を発揮する(等尺性収縮)。

「ブレーキ機能優先!」安全性を重視した筋肉の設計とは??

様々な重さでバーベルアームカールを行う場合、上腕二頭筋が発揮する力や短縮する速度はどのように変化するだろうか?図は筋肉が発揮する力と収縮する速度の関係を示したものだ。収縮速度がプラス(図中水色)とは筋力の発揮方向と筋肉の長さ変化の方向が一致していることを示し、筋肉は短縮性収縮する。 短縮性収縮によって発揮される筋力は、収縮速度が大きくなるほど小さくなることが示されている。つまり、軽いバーベルよりも重いバーベルを上げたときの方が、発揮する力は大きくなるが、収縮速度は小さくなるということだ。 一方、収縮速度がマイナス(図中緑色)とは筋力の発揮方向と筋肉の長さ変化の方向が逆であることを示し、筋肉は伸張性収縮する。伸張性収縮によって発揮される筋力は、短縮性収縮によって発揮される筋力よりも大きいことが示されている。

【関連記事】