Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

外国勢逃げ出すインド国債市場-ヘッジコストやルピー安を嫌気

配信

Bloomberg

(ブルームバーグ): 外国勢のインド国債保有が3年ぶりの低水準に落ち込んだ。政府が巨額の借り入れに乗り出したタイミングで、海外投資家が逃げ出している。

グローバルファンドによるルピー建て国債保有は今年のピークだった2月から7670億ルピー(約1兆900億円)減少。アジア有数の高利回り債市場のインドだが、ヘッジコストが膨らみ、利益が小さくなったことが嫌気されている。今年に入りインド・ルピーが約6%下落したことも、インド国債の魅力を低下させている。

ファーストランド銀行のトレジャラー、ハリハル・クリシュナムルティ氏(ムンバイ在勤)は「外国人投資家にとってドルの資金調達コストが低下する一方、外貨リスクのヘッジコストはしつこく高止まりしている」と指摘した。

外国勢はインド国債約1兆1000億ルピー相当を保有するが、残高全体の2%足らずだ。モディ政権は22兆ルピーと過去最大に膨らんだ中央・州政府債務に対応し、外国から資金をさらに呼び込もうとしているが、外国勢に買いを促す要因はほとんど見当たらない。

原題:Foreigners Flee India’s Bond Market Just When It Needs Them Most(抜粋)

(c)2020 Bloomberg L.P.

Kartik Goyal

【関連記事】