Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【編集部が体験】ザ・リッツ・カールトン大阪×ピエール・エルメ・パリのアフタヌーンティーに潜入

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ウォーカープラス

ザ・リッツ・カールトン大阪では11月5日(木)まで、「ピエール・エルメ・パリ」とコラボしたアフタヌーンティーを1階のザ・ロビーラウンジにて開催中。″パリの伝統的なお菓子″と″秋″をコンセプトに、ピエール・エルメ・パリのバラエティ豊かな5種のスイーツと2種のスコーン、そしてザ・リッツ・カールトン大阪の総料理長監修による4種のセイヴォリーが楽しめる。 【写真】ピエール・エルメ・パリの世界観に浸る魅惑のアフタヌーンティー この限定コラボアフタヌーンティーに編集部・石川が潜入。世界が認める鬼才とシックなインテリアに囲まれたラグジュアリーな空間との魅惑的な共演について、余すことなく紹介しよう。 ■コロナで一時中断も、念願のコラボがようやく実現 ピエール・エルメ氏といえば、21世紀のパティスリー界を先導する第一人者。パリ・ロンドン・東京・香港・マカオなどに店舗を展開しており、″パティスリー界のピカソ″などと称賛される人物だ。 ザ・リッツ・カールトン大阪とピエール・エルメ・パリは昨年12月よりコラボを構想していたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響から一時保留に。それがこのたび、秋のシーズンにあわせてようやく実現することとなった。 ザ・リッツ・カールトン大阪の総料理長ジル・ペリン氏は今回実現したコラボについて、「一緒に何かするのが夢だった。すばらしいアフタヌーンティーとなり、今回のコラボを誇りに思う」と語った。 ■ピエール・エルメ・パリの世界に浸るアフタヌーンティーを紹介! まず目の前に運ばれたてきたのは、ピエール・エルメ・パリのオリジナルのウェルカムドリンク「テ セレモニー」。煎茶とジャスミンをベースにした、どこか和を感じるハーブティーだ。 テ セレモニーを味わいながら優雅な空間に酔いしれていると、ティースタンドが登場。乗せられたスイーツやセイヴォリーはどれも美しく、小さな芸術作品のよう。 人気スイーツのひとつである「プレジール シュクレ」や、フルーティな洋梨のコンポートとマロンの味わいが口いっぱいに広がるグラスデザート「エモーション オマージュ」、自家製バニラテーストのマスカルポーネクリームとさくさくのサブレの食感のコントラストが絶妙な「シュー アンフィニマン ヴァニーユ」など、ピエール・エルメ・パリの魅力が詰まったメニューが並ぶ。 ■今回のコラボのために考案された、特別なマカロン 5種のスイーツの中でも特にイチオシなのが、ピエール・エルメの代名詞とも言えるマカロン。なんとこの「マカロン ショコラ オ カシス」、ザ・リッツ・カールトン大阪オリジナルのケーキから着想を得て誕生した、今回のコラボでしか味わえない特別な逸品。カシスの酸味がショコラのまろやかさと芳香を絶妙に引き立て、繊細な味覚のバランスを堪能できる。 ■総料理長監修のセイヴォリーにも注目 まずはスイーツに目がいってしまうが、丹精込めて作られたセイヴォリーも心奪われるおいしさ。サーモンとサワークリームの味わいが優しく溶けるムースや、サブレにフォアグラムース・ピスタチオ・トリュフを乗せた「フォアグラトーション」など、技術とアイデアを集結させたメニューを用意する。 ■アフタヌーンティーを彩る生演奏にうっとり 夢のようなアフタヌーンティーをより特別なものに彩るのが、12:00から行われるピアノの生演奏だ。ザ・ロビーラウンジでは新型コロナウイルスの影響で音楽活動が制限されてしまった音楽家たちに少しでも演奏の機会を提供したいと、演奏者を一般公募。多数の応募者の中から審査を経て選ばれた7組が、優雅な音色を奏でている。 ■3種のテイクアウトスイーツが限定登場 アフタヌーンティーの実施期間中には、ザ・リッツ・カールトン・グルメショップにて3種のオリジナルスイーツも販売。ピエール・エルメ・パリの味を自宅で堪能できる。 ■新型コロナウイルス感染対策も実施 ザ・ロビーラウンジではゲストと従業員の安全を第一に考え、新型コロナウイルス感染対策を徹底。事前予約制の導入や入店時の検温、座席空間の確保などを行っている。 期間限定で登場する、ザ・リッツ・カールトン大阪×ピエール・エルメ・パリの、ゴージャスすぎるアフタヌーンティー。この秋はパリに思いを馳せながら、夢のような時間を過ごしてみては。 取材・文=石川知京(関西ウォーカー編集部) ※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。

【関連記事】