Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

iPadOS 14 パブリックベータ版で見えた「iPadの新たな立ち位置」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
BUSINESS INSIDER JAPAN

WWDC 2020 (日本時間6月23日)で発表されたアップルの新OSのうち、「iOS 14」と「iPadOS 14」のパブリックベータ版が公開された。 【全画像をみる】iPadOS 14 パブリックベータ版で見えた「iPadの新たな立ち位置」 パブリックベータ版は「誰もが使える開発途上版」といったところ。深刻な不具合などが存在する可能性もあるので、日常的に使っている機器に入れることは一切オススメしない。 だが、新機能がどうなるかは誰もが興味を持つところ。そこで、筆者が変更点を解説してみたいと思う。これをみて、秋の正式公開まで想像を膨らませていただければ幸いだ。なお、今回は取材に基づく特別な許可のもと、画像を利用している。 iPadOS は、2019年発表の「iPadOS 13」が非常に大きなアップデートだったこともあり、単に機能だけを見るとシンプルな変化に見える。実際、後述するペンでの手書き文字入力に関わる部分が、ほとんど「日本語で使えない」ため、魅力が弱くなっている。 とはいうものの、確実に快適になっていることに違いはない。特により「Mac的」になった。といっても、Macそのものになったのとは違うのが絶妙なところなのだが。

その1:やはり分かりやすい「Apple Pencil」の進化

技術的に一番驚きがあるのは、やはりApple Pencilによる「手書き」の評価だ。そもそも現状、iPhone・Macに対するiPadのアイデンティティは「ペン」になってきているので、ここを強化するのは当然でもある。 これまでのApple Pencilは、どちらかというとイラストを描くアーティストなどに注目されている部分があったが、今回はより一般的な作業での「手描き」でなく「手書き」に着目している。 例えば「スクリブル」。簡単に言えば、iPad内にあるあらゆる「入力欄」に、直接手書きで文字を入れられるようになる。 これは動作中の動画を見るのが一番わかりやすいだろう。認識は非常に素早く、かなり正確に入力されている。入力欄に入らないとだめ、というわけでなく、多少はみ出しても問題ない。 ブラウザーで検索キーワードの入力に使ってもいいし、ファイル名の入力に使ってもいい。もちろん、同じ認識エンジンは「メモ」などでも使えるので、普通の手描き文字入力もできる。 しかしこれらの機能、残念ながら日本語には対応していない。これで日本語版入力ができていたら最高なのだが。 ただ、「日本語をペンで書く」上で何も進化がなかったか、というとそうではない。 iPadOS 14では「スマートセレクト」という機能が搭載された。文字を書く場合、文字を「認識」させる方法もあるが、描線=絵のまま残す場合もある。後者のときに有効な機能だ。 手書きの線による文字は、人間は文字と認識していても機械はそうとは限らない。なので、書いた後に並べ直すのが意外と面倒だった。 しかしスマートセレクトでは、描線を機械学習で分析し、「文字の意味は認識していないが、描線のどこからどこまでが1文字なのかは判別する」ことをしている。だから、「線で描いた文字を、一文字単位で選択して編集」できるのである。 画像でもお分かりのように、これは日本語でも使える。 また、電話番号のように言語にあまり依存しないものは、ちゃんと「電話番号である」「メールアドレスである」と認識する機能もある。なので、書き終わってから指でタップすると、新規メールの作成画面やメッセージの作成画面がでてくる。これは、デスクサイドのメモとして非常に強力な機能で、むしろiPadでなくiPhoneに欲しい機能だとも思う。

【関連記事】