Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ペンギンの祖先は「失われた大陸」にいた…新発見の化石が示唆

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
BUSINESS INSIDER JAPAN

ニュージーランドの研究チームが、化石から新たなペンギンの絶滅種を発見した。 数百万年前のニュージーランドに、マカロニペンギン属のペンギンが生息していたことを示す発見だ。 【全画像をみる】ペンギンの祖先は「失われた大陸」にいた…新発見の化石が示唆 分析結果から、現代のペンギンの共通の祖先となった古代の鳥類は、現在では海面下に沈む大陸ジーランディアに生息していたと考えられている。 失われた8番目の大陸、ジーランディア(Zealandia)は、今から5000万年から3500万年前に海面下に沈んだ。現在、わずかに海の上へ顔を出している部分がニュージーランドだ。 大陸が海面下に沈む前、約6000万年前ごろには、約500万平方キロメートルの面積があったとされるこのジーランディア大陸を古代のペンギンたちが歩き回っていたようだ。今回の新たな発見から、現生ペンギンの祖先は、ジーランディアに生息していた古代の鳥類である可能性が高いと考えられている。 新たに絶滅したペンギンであると特定された化石は、古代と現代のペンギンの間のミッシングリンクを埋めるものだ。 研究チームは8月、ニュージーランドの北島で、頭蓋骨や翼の骨からなる保存状態のよい300万年前の化石を発見したと発表した。彼らは、この化石がマカロニペンギン属に分類される未知の種のものであると特定し、「ユーディプテス・アタトゥー」(Eudyptes atatu)と命名した。 マッセー大学の動物学者で、この研究論文の筆頭著者であるダニエル・トーマス(Daniel Thomas)氏はBusiness Insiderの取材に対し、今回の発見は「ニュージーランドが数百万年前から海鳥の生物多様性のホットスポットであった可能性を示す重要な手がかり」だと述べている。 数百万年前というと、これまで知られていたよりはるかに古い時代だ。従来の研究では、ニュージーランドにマカロニペンギン属が存在していた証拠は約7000年前までしか確認されていなかったとトーマス氏は話す。新たに年表が書き替わったことで、この地域はペンギンの起源の地の最有力候補と考えられるようになった。 「我々は、ニュージーランドに、マカロニペンギン属の祖先と、すべてのペンギンの祖先が生息していた可能性が高いという仮説を提案した」と、トーマス氏は述べている。

【関連記事】