Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ストレスだと思うごみ分別作業TOP3、3位「びん、かん、ペットボトルのすすぎ 」、2位「ペットボトルのラベルはがし」、1位は?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
サライ.jp

昨今の新型コロナウイルス感染症の影響により、企業がテレワークを促進している中で、在宅時間が増えています。そのため、家事に関わる時間も増加し、普段よりも家事に関するストレスを感じやすい傾向がうかがえます。そこで、「い・ろ・は・す」を販売するコカ・コーラシステムが、全国の20代~50代の男女400人を対象に、「ゴミの分別に関する意識調査」を実施しました。皆さんはゴミの分別はどうされていますか? 実情を見ていきましょう。

■家で過ごす時間の増加に伴い家事の負担が増え、約7割の人がゴミの分別のストレスを実感

「家で過ごす時間は外出自粛前と比べ、どれくらい増えましたか」という質問では、約8割の方が「増えた」と回答、増えた時間が「8時間以上」と答えた方が約3割(27.3%)で最も多くなりました。 「外出自粛前に比べ、ゴミ分別のストレスは増えたか」という質問では、約7割(72%)が「増えている」と回答しました。中でも、外出自粛を機に在宅勤務になった人においては、約8割(83%)がゴミの分別のストレスが増加しており、よりゴミの分別のストレスを感じている傾向が高いことが分かりました。

■2人に1人(半数以上)の人が、「名もなき家事」の存在を実感、それらに負担を感じていると回答

一般的に「家事」と言っても、家事の中には、細々とした作業ではっきり名前を付けられない「名もなき家事」というものが存在します。 「外出自粛前と比べて、名もなき家事の存在を実感したか」について質問したところ、約6割(57.8%)が「実感した」と回答しました。 中でも、外出自粛を機に在宅勤務になった人においては65.2%が「実感した」と答えました。また、男女別に比較してみると、男性の50%が実感しているのに対し、女性は65.5%と、特に女性が実感していることが分かりました。 また、「外出自粛前と比べて、名もなき家事について負担を感じるか」と質問したところ、約6割(56.3%)の人が「感じる」と回答しました。中でも、在宅勤務になった人の60.5%が負担を感じているようです。こちらも男女別に比較してみると、男性の48%が負担を感じているのに対し、女性は64.5%と、特に女性が負担に感じていることが分かりました。

【関連記事】