Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

三つある新型コロナウイルス検査法 「PCR」「抗原」「抗体」とは

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
山陽新聞デジタル

PCR検査と抗原、抗体検査

 新型コロナウイルスの感染の有無を調べる代表的な方法としては「PCR検査」「抗原検査」「抗体検査」の三つがある。それぞれ調べる対象が違うので、その特徴を知った上で目的に合った検査を選ぶことが大切だ。川崎医科大学附属病院(岡山県倉敷市松島)で、さまざまな病気をもたらすウイルスや細菌などを扱っている中央検査部の河口(こうぐち)豊技師長に、三つの検査の長所や短所について教えてもらう。  ●PCR検査  新型コロナウイルスに固有の遺伝子を見つける検査です。検体には鼻や喉の粘液、唾液などを用います。ウイルスの遺伝子がわずかでも含まれていれば検出できる、非常に感度の高い方法です。しかし、専用の機器や熟練した技術が必要な上、結果が出るまで数時間を要するなど簡便な検査とは言えません。  遺伝子検査はあくまでもウイルス遺伝子の存在を捉える方法であって、感染性のないウイルスの断片でも反応することがあります。例えば、鼻の奥から採取した粘液の検査では発症後3週間くらいまで陽性になり続けることが知られています。しかし、発症から2週間を超えれば他の人にはほとんど感染しないことも分かってきました。このため、「遺伝子検査陽性=感染性のあるウイルス陽性」というわけではありません。  また、遺伝子検査には「LAMP法」というのもあります。わが国で開発された検査法で、PCR法の方がLAMP法より若干感度が良いと言われていますが、日常検査としてはLAMP法で十分代替できると考えられます。

 ●抗原検査  PCR検査と同様に、鼻や喉の奥から拭い取った粘液、唾液を検体とし、ウイルスのタンパク質である抗原を検出する方法です。簡便な検査キットが最近開発され、専用の機器を必要とせず、かつ30分程度の短時間で判定できるというメリットがあります。しかし、陽性結果が得られるためには遺伝子検査と比べ多量のウイルスが必要となります。従って、抗原検査が陽性なら新型コロナウイルス感染症と診断できますが、陰性であっても感染症を否定できないことになります。  ●抗体検査  新型コロナウイルスに感染していても症状が出なかったり、病院に行かないまま回復した場合を含め、過去に感染したかどうかが分かります。  抗体とは、体の中に侵入してきた病原体などに対応するために、免疫反応によって生体内で作られるタンパク質です。免疫グロブリン(Ig)とも言い、5種類ありますが、新型コロナでは血清中のIgGまたはIgMを測定します。  これらの抗体は発症後数週間後くらいから検出できると言われています。抗体検査が陽性であれば、過去に「感染した」と言えますが、発症早期であれば陰性であっても「感染していない」とは言いきれません。抗体がまだできていない場合があるからです。

【関連記事】