Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

パナソニック、中国企業と新会社設立 新エネルギー商用車の普及へ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
AMP[アンプ]

パナソニックと四維図新は、7月29日、中国における新エネルギー商用車向けソリューション事業を行う合弁会社を設立することに合意した。 eコマースの急速な発展に伴い、中国国内の物流・都市内物流事業は急速に発展しており、中国政府の推進政策もあって、2021年以降、新エネルギー商用車をベースにした都市内物流市場はさらに拡大すると予想されているという。 合弁会社では、中国宅配業者に対して新エネルギー商用車の運用を支援するためのソリューションを提供し、物流、特に都市内配送での新エネルギー商用車の普及を目指すとのことだ。 パナソニックの電池状態推定技術と、四維図新の提供する中国の地図情報サービスを掛け合わせ、新エネルギー商用車の運用を支援するソリューション事業の創出に挑戦するとしている。 パナソニックモビリティソリューションズ担当参与の村瀬恭通氏は、「パナソニックの電池状態推定技術と組み合わせることで、クリーンな新エネルギー車をより経済的で便利なものにし、社会の発展に貢献し続けます」とコメントしている。 四維図新のCEOである程鵬氏は、「四維図新の位置情報商材や車両ネットワークサービスがパナソニックとのシナジーを創出し、合弁会社を通じて新エネルギー商用車や電気物流産業の発展に寄与することを期待しています」と述べている。 両社は、今後、中国における社会課題の解決を目指し、将来のビジョン達成に向けた共通のロードマップの下、活動していく計画を示している。 なお、合弁会社は今後、関係当局の支援・協力を得ながら諸手続きを進めた上で、正式に設立される予定。

【関連記事】