Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

北日本はゆっくり冬支度 西・東日本は秋晴れ多い(気象庁1か月予報)

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ウェザーニュース

気温は全国的に平年より高い

気象庁は1日(木)、10月3日から11月2日までの1か月予報を発表しました。 気温は平年よりも高く、北日本の冬支度は例年よりゆっくりとなりそうです。関東以西は10月らしい秋晴れの日が多い予想です。 1か月の平均気温は南からの暖かな空気が流れ込みやすい状況が続くと見られるため、全国的に平年よりも高い予想となっています。寒気の流入は平年に比べると弱く、北日本の冬支度は少し遅くなる見込みです。 気温が平年より高いとは言え、季節はゆっくりと進み、晴れる日を中心に朝晩は冷え込む日が増えますので、衣替えや暖房の準備などはしっかりと進めておきましょう。

関東や東海は降水量が平年並みか少ない予想

この先1か月の降水量は東海や関東などで平年よりも少ない予想となっています。秋雨前線の停滞が解消して、周期的に天気が変化する見込みです。移動性の高気圧に覆われるタイミングでは秋晴れが期待できます。北日本の日本海側は10月下旬頃から寒気の影響を受け、”時雨”の日が増える見通しです。 ただ、フィリピンの東海上は対流活動が活発な状況が続くと見られます。10月の平年の台風発生数は3.6個で、発生時の気圧配置に寄っては日本に近づくこともありますので、もうしばらくは油断が出来ません。

ウェザーニュース

【関連記事】