Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

アメフト関大が準決勝へ「京大のミス多かった」監督

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
日刊スポーツ

<関西学生アメリカンフットボール:関大24-16京大>◇17日◇王子スタジアム 関大が変則的なトーナメント形式となった今季初戦で京大に逆転勝ちし、準決勝に駒を進めた。 【写真】試合後、記者の質問に答える関大・磯和雅敏監督 3-13の第3クオーター(Q)。LB青根奨太(4年)が敵陣9ヤードで、相手パンターがファンブルしたボールをキャッチ。走り込んでTDを奪った。このプレーで流れを変えると、17-13と逆転した第4Qでは、相手のパスをインターセプト。そのまま、38ヤードを駆け上がり、ダメを押した。前半は0-10のビハインド。青根は「京大のオフェンスに僕たちのウイークポイントを攻められた。(無得点で)不安だったが、僕たちが(相手を)止めるプレーを意識した」と振り返った。 11年ぶりに指揮を執る磯和雅彦監督(53)は「ホッとした。京大のミスが多かった。勝ったというより、負けなくてよかったという気持ち」と語った。

【関連記事】