Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「地雷メイク」に「ぴえん」女子高生トレンドのキーワードは“SNSミーム”か

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
KAI-YOU.net

現役女子高生の2020年上半期トレンド調査をマーケティング研究機関「TT総研 -Teens Trend総研-」が実施。 画像で女子高生トレンドランキングをもっと見る あわせて、2020年下半期トレンド予測も行っています。 調査対象は、事前調査で「高校生」と回答した関東地方および近畿地方在住の15歳から19歳の女性303名。2020年7月10日から12日にかけて、インターネットで調査が行われました。

2020年上半期の女子高生トレンド

まず、2020年上半期の女子高生トレンドを5つのカテゴリ別で調査。 関東地方195名、近畿地方108名という女子高生のアンケート結果を、東西ランキングとして発表しています。 「ワンチーム」で流行語大賞を獲得したラグビーW杯など、スポーツを中心に明るい話題が多かった2019年下半期から一転。 2020年の上半期は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大によって、人々の生活やマインドが大きく変化しています。 その影響は、女子高校生たちにも及んでいることが調査結果からわかります。

現役女子高生に人気の「アイテム」

2020年上半期に、女子高生の間で流行ったアイテム(フード、コスメ、エンタメなど)。 東西ともに1位はぶっちぎりで、「あつ森」こと『あつまれ どうぶつの森』(東80.5%・西89.8%)。 Nintendo Switch用のパッケージソフトとしては過去最高の売り上げとなる人気ぶり。 そして、YouTubeでも大流行した「地雷メイク」(東45.6%・西55.6%)が2位に。 ちょっと病んでる感を演出する、盛れるメイクは芸能人からインスタグラマーまで、こぞって取り入れられました。 「あつ森」人気について、TT総研はこう分析しています。 1点目は“コロナ禍のバーチャル空間需要”。 リア友とバーチャル空間で会う際に、あるいはオフ会をバーチャル空間で開催する際に 重宝されました。 2点目は“クリエイティブ欲求の充足需要”です。 「どうぶつの森」シリーズには、マイデザインという自分でデザインをつくれる機能があります。そして今作では、作者情報も一枚絵で表示可能。 自分自身が作者として、「買う映え」から「つくる映え」にシフトしつつあるのでは、と考察。 その結果、Instagramでの投稿数は前作「#とび森」が4.2万投稿であるのに対し、今作「#あつ森」は 48.2万投稿と、なんと10倍以上。さらにTikTokでは「#あつ森」投稿の累計再生数はなんと12億回でした。 ちなみに、東の4位・西の5位にランクインした「ちゃちゃまる」も、「あつ森」で初登場したキャラ。 TikTokやInstagramでも大流行、見た人が真似したくなる“SNSミーム”として愛されていたことがわかります。

【関連記事】