Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

いつまでたっても貯まらない…お金が離れていく人の「5つの口癖」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
LIMO

「お金が離れていく人」というフレーズを聞いてドキッとした方、いらっしゃいませんか? 確実に貯金が進む人がいる一方、「どういうわけか、いつまでたっても貯まらない」と嘆いている人もいます。どこにその違いがあるのでしょうか? 今回は、50代半ばで高校生2人の息子を持つ貧乏体質のママ、A子さんに実態を聞いてみました。

1. 気分転換の外食が多い

「お給料が出たから気分転換に焼肉屋さんや行きたいな」「子供の試験が終わったので、広告で見た回転寿司屋さん、行ってきました!」確かに行ってみたいです。でも、無計画に行き続けると家計を圧迫します。A子さんはどこの何を食べたとか、贔屓の美容院に行ったとか、そのようなことをSNSによく上げています。SNSのコメントによく書かれるのは「自分へのご褒美」というフレーズです。 もちろん、ご褒美のためにそれなりの出費をしても家計が盤石なら問題ありませんが、そうではないのに何につけて外食をしています。

2. スマホはキャリアでないと気が済まない

A子さんは「子供に不自由な思いさせたくないんだよね」とよく周囲の人に話します。そのひとつが「スマホ」です。先日の小学校時代のママ友との飲み会の時にも「この間、息子の機種変をしてさ、ついでに私も機種変してね…」と最新のスマホをちらつかせていました。他人に「あんな古いタイプのスマホを使っている」と思われるのが嫌なのかもしれません。A子さんにとって世間体は大事で、人にどう見られているかが大きな関心ごとです。

3. ついコンビニに寄ってしまう

仕事帰りなどに、ついつい寄ってしまうコンビニですが、新しいお菓子やアイスがあったら買いたくなるのが人情です。行けば誘惑しかありません。(笑)A子さんはSNSで「こんなお菓子見つけた! 期間限定だから買っちゃった!」とよく投稿しています。それなりにリアクションがあるから楽しいとは思いますが、その都度出費がかさんでいるのもまた事実です。

4. カードでリボ払い、ボーナス払い

クレジットカードでの支払いはポイントが付くなどいろいろなメリットがありますが、いくら使ったかを把握しにくいというデメリットもあります。リボ払いだと金利も払わなくてはなりませんし、収入以上に使ってしまうこともあります。A子さんは「リボ払いだから毎月の支払い額は決まっていて、それほどはしんどくないんだよね。しかも、カード会社からポイント貰えたりするし。」と言います。金利が付くという意識は希薄なのかもしれません。

【関連記事】

最終更新:
LIMO